スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがり症にも六神丸

小さいときから「あがり症」で、人前で話すとき緊張します。

手のひらに「人」という字を書いて飲み込むと緊張がとれるといいますが、
実際に効果があるのでしょうか?

調べてみました。
ひとつは「人」を飲み込む→人を食う(人を人とも思わない。)に通じるというものです。
つまり図太くなれるという、暗示という説。

もうひとつは
手のひらの中心には心を落ち着かせる「労宮」というツボがあり、
人という文字を書くとそこを自然となぞる。
労宮は、心臓に繋がっていて、そこを軽く触れるだけで交感神経の興奮を抑え、
緊張をほぐす効果を得られるとのことでした。

「あがり症」は血液中のノルアドレナリン値が上昇して起こります。
これは覚醒や興奮に関係している神経伝達物質で、
緊張や不安を感じたときに活発に分泌され、自律神経の交感神経を活性化します。
そして、交感神経が刺激されると心拍数や体温、血圧が急上昇するため、
動悸や発汗、震えなどの症状が起こるのです。

人は誰でも緊張すれば、自律神経のうちの交感神経が優位になります。
心臓が高鳴り、顔面は紅潮し、汗をかいて体を硬く緊張させます。
つまり、あがり症の人は、交感神経が人より敏感で、
このような反応が少々強く出すぎてしまうということらしいです。

六神丸は、心臓を強くして血液の循環を改善するお薬です。
自律神経の不調にもよく効きますので、「あがり症」にも効きます。
「気つけ」という効能がこれにあたります。

私もたまにお世話になります。

実際に「詩吟で舞台に出て独吟する前に飲んでいます。
人前でのあがり、のぼせなどが無くなったように思います。」
という方もいらっしゃいます。

また、元タカラジェンヌで女優の麻実れいさんは、 舞台の前に必ず服用されるそうです。

どうぞ皆さんもお試しください。
スポンサーサイト

ちっともよくならない「めまい」に一発で!

先日「のぶりんのあつあつふうふう」を聞いて、
サンプルを申し込まれた方から、ご注文をいただきました。

「めまいがひどくて、病院で脳の精密検査を受けても異常なし。
耳鼻咽喉科でお薬をもらっても全く効果なし。
悩んでいたところ、六神丸2粒でめまいが治りました。
仕事場でめまいのことを知っている上司から
『無理せんでもいいから休んどき』と言われましたが、
六神丸ですっかりおさまっているというと
そんなええ薬やったらと注文しようということになりました。」

と上司の方からもご注文いただきました。
ありがとうございます。
メニュエルが六神丸で治まったという方もいらっしゃいます。
どうぞお大事になさってください。

お客様の声

95歳の女性の方

「心臓の弁膜肥大なので、飲んでいると楽になります。

最近は毎日2回4粒づつ服用しているからか
体調がいいです。

50年以上続けております。」

どうぞお大事に、元気で長生きしてください。

朱雀ゆ

428431_319474264800216_404890040_n.jpg

朱雀ゆ(亀田利三郎薬舗の入浴剤)
夏の1日の締めくくりに
す~~っと ぽっかぽか~

夏にも、湯船にお浸かりいただくことは、
皆様の健康を守るうえで大切な習慣です。

す~っとするけど、体の芯はあったかい
~ハッカとヨモギの作用ですっきりと
至福のリラクゼーション~

京都の夏はスチームサウナ!少し外を歩けば全身べたべた、気分も滅入ります。
そして、エアコンの中に長時間いれば体の芯まで冷えてしまう。
この温度差に体は悲鳴をあげるようなストレスを感じています。
そんな1日の終わりにハッカの作用でスーッとするお湯につかって
毛穴の中まですっきりできたら最高のリラクゼーションです。
また、「ハーブの女王」と呼ばれ、その効能や栄養価の高さから
万能薬とも言われるヨモギも配合いたしました。
近年韓国の女性に大人気のヨモギ蒸しが日本でも話題になり、
美と婦人科系の改善に密かなブームを迎えています。
贅沢なお湯につかる習慣で、体内温度をあげて
夏バテ知らずの健康な体を手にいれてください。

朱雀
朱雀(すざく)とは、中国の伝説上の神獣(神鳥)で、
四神・五獣の一つ。
南方を守護し、翼を広げた鳳凰状の鳥形で描かれる。
朱は赤で、五行説では南方の色とされる。
鳳凰、不死鳥と同一視されることがある。
夏(南・朱)の象徴である。
なお、夏のことを「朱夏」ともいう。

川芎 センキュウ
セリ科の多年草。
漢方では婦人病の要薬とされている。
血管を拡張して血液の流れをよくし、
体を温める作用がある。
補血、強壮、鎮静、鎮痛薬として
貧血症、月経不順、冷え症、生理痛などに用いられる。

当帰 トウキ
セリ科の多年草。
血液循環を高める作用があり、
充血によって生じる痛みの緩和に有効。
膿を出し、肉芽形成作用がある。

薄荷 ハッカ
シソ科。
解熱、発汗、清涼作用。
浴用として清涼感で精神をリフレッシュし、
殺菌作用で肌を清潔に保ち、
発汗作用で入浴後はサッパリする。
血行促進や保温効果もあるため、
クーラーによる冷え症や疲労回復にも効果的である。

艾草 ヨモギ
キク科。
止血作用、月経調整作用、経絡を温める作用
寒と痛みを追い出す作用
咳・喘息の痰飲を除く作用がある。
浴用として冷え症、腰痛、痔の治療に用いる。
また、モグサの原料である。

朝鮮人参
糖尿病や動脈硬化、滋養強壮に効果があり、
血圧も体に合わせて調整作用(高い人は下げ、低い人は上げる)がある。
また、自律神経の乱れを整える効果がある。

ご愛用者の皆様からのご感想

水戸在住のYさん
「入浴後スッキリします。
香りが好きなので、半身浴をしますが、
いつものひどい咳が嘘のようにでません。」

東京在住のSさん
「体の芯から温まり、天然由来成分の効能が
足の先から頭のてっぺんまで、じんわり伝わってきました。
血糖値の急激な上昇を抑えてくれる働きもあるみたい。」

京都在住のTさん
「子供たちもこの「朱雀ゆ」で、猛暑をのりきっています。
毎日すやすやと眠っています。」

京都在住のFさん
「夏はサッパリしたいときもありますが、
ゆっくり湯船につかりたいときもあります。
「朱雀ゆ」でゆったりリラックスして、
お風呂上がりはさっぱりして気持ちよかったです。
ささやかな夏の贅沢です。」

東京在住のSさん
「世界的にも有名なM氏のアニメの中に出てくる
湯屋の「薬湯」がまさにこの「朱雀ゆ」のイメージと重なり、
楽しませていただいております。」

しつこい頭痛

昨日、聞いてきた話です。

「頭痛がひどくて、いろいろな薬を飲んだが効果なし。
ほとんどあきらめていた人が「玄武ゆ」に入ったら
本当にスッキリ治ったとのこと。」

冷えからくる偏頭痛だったんでしょうか。

頭痛は、身体の筋肉の緊張により血管が収縮して
脳への血流が妨げられているのが原因です。
更年期になると血行不良だから余計に頭痛が起こりやすくなります。

お風呂に入って、たっぷり汗をかけば身体の毒も出ます。
リラックスできますし、全身の筋肉もほぐれます。
脳への血流が良くなって、頭痛が緩和されます。

筋肉の緊張をほぐせば、神経も緩和されますよ。
頭痛2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。