スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリック・シンドロームって?

生活習慣病には、肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症などがあります。
これらの疾患は、個々の原因で発症するというより、肥満、特に内臓に
脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。
内臓脂肪の蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を
『メタボリックシンドローム』と呼びます。
メタボリックシンドロームを放置しておくと、やがては動脈硬化を
引き起こします。
動脈硬化は、ある程度症状が進まないかぎり、なかなか症状として
出にくい病気です。
動脈硬化による循環器病は、働き盛りに突然発症することが多く、
生命に関わる重大な病気であり、後遺症も深刻です。
動脈硬化にならないために、メタボリックシンドロームの段階で
キチンと改善しておきましょう。
運動は、内臓脂肪を減らすのに一番有効な方法です。
エスカレーターを使わずに階段を登るとか、車やバスに乗らずに
少し歩いてみるなど毎日のちょっとした運動がメタボリック
シンドロームの改善につながります。
しかし、一度動脈硬化になってしまうと、生活習慣の改善だけでは
なかなか効果があがりません。
そんなときは、動脈硬化に効果がある六神丸をおすすめします。
六神丸には、冠動脈を収縮させ、動脈硬化を起こりにくくする効果があり、
六神丸の血管への収縮作用で心臓の働きを楽にします。
また、六神丸には自律神経系の交感神経を抑え、副交感神経を高める作用
もありますので、これによって体がリラックスした状態となり、
心臓の負担も軽くなります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。