スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩道

春から補修がずっと行われていた北大路橋。
サミット前の外相会議に間に合わせたかったのか、
渋滞も顧みず延々やっていたのが、やっと終わった。
ようやくスムーズになると思いきや、次は歩道。
しかもバス停でバスが停まるところ以外、歩道を広げている。
歩道を広げて、なんか意味があるのか?
特に歩行者が多いところではない。
ただ少しでも駐停車しないようにってことか。
無駄なような気がする。
塾に送ったらすぐ出るのやから、停車スペースくらいおいといてよ。
スポンサーサイト

六神丸は全国に100以上

昨日、お年寄りの方が訪ねてこられました。
うちの六神丸を飲んだらよく効いたので、
薬屋さんに行ったら、他社の六神丸を買わされたと
たいへんご立腹でした。
遠方の方でしたが、一度来てみないと気がすまないそんな感じでした。

「カメロク」とご指定のうえ、お買い求めください。

インターネットで六神丸を検索しますと何百件とでてきます。
たぶん、少し前は100社以上あったと思います。

一粒あたり、安いので中国の12円。(中国のは口内炎に効くと書いてあります。)
だいたい20円から80円くらいでした。
うちのはと申しますと・・・一粒100円以上です。

小さい容器(おちょこなど)などで少しのお湯で溶かしてください。
独特の香りが立ち上ります。
よろしければ比べてみてください。
うちのは、香りが違います。

バウムクーヘン

こう見えても(またか!)甘いものが好き。
どちらかというと洋菓子系の方が好きである。
最近、オーソドックスなお菓子が見直されて、流行っているように思う。
ロールケーキしかり、カステラしかり。
昨日、東京だったので、バウムクーヘンを買いに行った。
かなり評判の店なので、デパートの開店前に並んだ。
待つこと30分、ふと後ろを見ると列ができている。
月曜日の午前中である。
休日なら1時間待ちらしい。
仕事が終わって、違うデパートへ。
一時代が終わったのか、ちょっと前まで行列のできていた
バウムクーヘンは誰も並んでいない。
人々のおいしいものへの探求はすさまじいものがある。
かくいう私もおいしいものの情報は、すぐにインターネットで検索する。
仕事に生かせればいいのだが、なかなか・・・

グリーン車

グリーン車に乗った。
生まれて初めてっていってもいいくらいである。
エクスプレスカードのポイントがたまったこと、
荷物が多かった(東京のスイーツいっぱい)、
時間変更したことなんかで、グリーン車に乗った。
うーむ、なんとなく雰囲気が違う。
さすがに高級感漂う感じ。
車内販売も遠慮気味である。
リクライニングをいっぱい倒して、ひと寝入りといこう。
待てよ。そういえば、先日、JRの人に聞いた話。
グリーン車で寝ている人をねらって、
前にかけてあるスーツのポケットの現金を頂戴するというスリがいるらしい。
カード一枚だけとか、一万円札数枚だけとかとるという。
カード一枚くらいなくなっててもしばらくはわからないし、
その間に使いまくるらしい。
請求がきてみて、初めてわかるのである。
財布はしっかり身につけて、暫時おやすみなさい。

お葬式

昨日、2件のお葬式に行ってきた。
昔は、おうちとかお寺が会場だったが、
最近は葬儀場。なんたらホールとかなんとか会館とかいうところである。
夏の暑いときや冬の寒いときは楽になった。
会館なら冷暖房完備だから、少々待たされても辛抱できる。
それにしても夏のお葬式に上着は必要だろうか?
半袖の白いワイシャツに黒いネクタイでええことないやろか。
律儀に上着、着んでもええんちゃうやろか。
みんながやれば目立たなくなる。
さあ、今日から夏のお葬式は、上着はやめましょう・・・

ところで、昨日のお葬式。
亡くなったのは70歳と58歳。
寿命といっても、若い!早すぎる!
六神丸飲んでてもろたら、長生きやったかもしれんのに。
なんで六神丸、知らはらへんのやろ。
自分の、会社の怠慢に、落ち込んでいます。

病は気から

携帯電話をワイシャツの胸ポケットに入れなくなって数日。
なんとなく気分が良い。
胸の辺りの重苦しさがとれたような・・・
はたして、携帯のせいなのか
毎日、六神丸を飲んでいるせいなのか
はたまたなるべく気の重いようなことを考えないようにして、
ストレスをためないようにしているせいなのか・・・
少なくとも六神丸を飲みだしてから、快食・快眠・快便である。
家内なんかは、六神丸を飲んだ人が疲れが取れたって言っているのに、
しんどいしんどいといいながら、六神丸は飲まない。
なぜかっていうと六神丸を飲むと便秘になるから。
しかし私は快便である。
薬の効果も十人十色である。
こんなこというのもなんだが、信じるものは救われる。
効くって思って飲むと、意外に効くものである。

上品中品下品

上品中品下品と書いて、
じょうほん・ちゅうぼん・げぼんと読みます。
昔の中国の薬の分け方です。上薬、中薬、下薬ともいいます。
上品は体を丈夫にし、健康で長生きするために用いるもので
中品は病気の治療や養生に用いるもの
下品は薬性が強く、主に病気治療に用い、長期にわたって用いないもの
とされています。
西洋医学の薬はだいたい中薬か下薬に分類されます。
六神丸の成分で言うと
ジャコウ、ニンジンは上品。
サイカク、ゴオウは中品。
センソは下品になります。
薬というものは、上品はべつとして、だらだらと飲み続けるものではなく、
その症状がなくなれば、少しずつ量を減らして、
最終的にはやめることが大事です。

チーズ

こう見えても(みえないか!)食べるものにはうるさい。
他のもの(例えば女性とか)の誘惑には強いが、食べ物の誘惑には弱い・・・らしい。
「なんか食べにいこか」などと誘われるとヒョコヒョコついていってしまうから
こう言われている。
食べ歩くのも好きだが、買うのも大好き。
今は、チーズ、スイーツ、パンに興味がある。
今日はチーズの話。
チーズは大きく5つに分けられる。
フレッシュ、ハード、ブルー、シェーブル、ウォッシュの5つである。
なかでもシェーブルが大好きである。
山羊乳でつくったものがシェーブル。
食べると独特の香りがある。
(家内に言わせると「雨の日の動物園の臭い」香りじゃなくて臭みといわれるが)
「枝つき干しぶどう」や「レーズンとくるみのパン」など食べながら、
赤ワインを開ければ至福のときである。
(シェーブルには白ワインもよく合います。)
そのチーズが高い。
この間まで、千円やったのが、今は2千円。来月には3千円になるらしい。
こんなもん、食べんとけ言われてるようなもんや。
原料と輸送費のせいらしい。ええかげんにせい。
ひそやかな楽しみを奪うな!
なんか話がずれました。すみません。

携帯電話

ご多分に漏れず、私も携帯電話をワイシャツの胸ポケットに入れて、
いつも持ち歩いている。着信音が鳴るのが嫌いなので、いつもマナーモード、
ブルブルってやつである。
たまたまズボンのポケットに入れていると振動がわからないので、
よく「出てよ」って家内に怒られる。だからいつも胸ポケットである。
最近、なんとなく元気がない、やる気がない、どことなくしんどい。
胸の辺りが重っ苦しい。
鬱かななんて思って、毎日「六神丸」を3粒ずつ朝晩飲んでいる。
(鬱にも六神丸、よく効きます。)
そこで、ハタと気づいた。胸に入れている携帯のせいではないのかと。
すぐにネットで調べてみた。そうすると
まず、大丈夫って書いてある。体に悪ければ、「胸ポケットに入れるな」
とかそういう注意書きがあるに違いない。書いてないから大丈夫や。
なんて書いてある。しかし考えてみれば携帯ってせいぜい20年。
みんなが持つようになって、10年くらいのところだろう。
そんなんで、わかるのか。
薬の副作用というか悪影響なんて国が認めて、発売してから何年も何十年もたってから
現れる。(うちの六神丸は100年以上です。ここは宣伝)
少し前は、携帯電話の電磁波が体に悪いとテレビなんかで特集をやったらしいが、
いまはとんと聞かない。
しかし、ネットにはいろいろ書いてある。
携帯のメールばっかりやっていると「ゲーム脳」になり、頭痛と物忘れかひどくなるらしい。「彼らは脳の前頭前野に携帯が刺さっている感じ。でもせめて1日15分以内にするべきです」だって。
また、寝ているときに枕元においてはいけないとか、
ズボンのポケットに入れると精子が死ぬとか、
心臓が弱っている人は胸ポケットに入れないほうが良い
とか書いてある。
要するに携帯電話が発する電磁波に問題があるらしい。
電子レンジの中に頭を入れて調理するようなものらしい。
あ~こわ!
今日から、電子レンジ・・・もとい!
携帯は少なくとも胸ポケットにはいれずにおこう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。