スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六神丸がガンに効く

8月の薬の業界の新聞「薬日新聞」のコラムに
『六神丸成分の「アポートシス誘導作用」』という記事が出ていた。

「ガマの油」に含まれる「ブファリン」という成分に
ガン細胞を正常細胞にする作用があり、
また増殖するガン細胞に周囲の健康な細胞に害を及ぼさないうちに
自ら死滅してもいいのだという自発的に死のプロセスを選択させる
「アポートシス(プログラム化された死)誘導作用」があることを
平成6年に昭和大学薬学部中谷教授が発表したという記事である。

書いていても難しすぎて、よくわからないが
要するに「ガマの油」(六神丸に含まれるセンソのこと)が
ガンに効くということ・・・みたい。

平成6年に朝日新聞に載ったらしいのだが、ぜんぜん知らなかった。

特にこの記事のおかげで、六神丸が売れたということもなかったように思う。

六神丸がガンに効けば、すばらしい。
ぜひともこの研究を続けていってほしいものだ。

「ガマの油」についてはまた・・・
スポンサーサイト

汚染米

薬にも米を使う。
有効成分ではなく、結合剤。
バラバラにならないようにするため、米の粉を使う。

その米の粉にも農薬混入米が使われていて、
薬を回収しているメーカーも出ている。
大迷惑な話である。

結合剤といえども、ええもん使わなあかんてことか。

それにしても、そのニュースをよむNHKのアナウンサー、
「丸剤熊胆圓」(がんざい・ゆうたんえん)を
「がんざいゆう・たんえんって、読んでいた。

ネットのニュースを検索していたら、丸剤を「まるざい」って
わさわざルビふってあった。

日本古来の伝統薬、知らんのやなぁ。

マイ箸

去年「食育」について、勉強させてもらった。

3人の講師の先生をお招きして、
「箸」「地産地消」「食品添加物」について、お話ししていただいた。

この間、朝ニュースを見ていたら、
エコだからって、コンビニ弁当買って、
お箸はいりませんって、断っていた。

エコにはいいかもしれないけど、
コンビニ弁当って、食品添加物たっぷり、
体にあんまりよくないよ。

温泉

こう見えても(何回目かわすれた)温泉好きである。

ひなびた温泉や、歩いて何時間もかかる絶景露天風呂よりも
施設がよくて、食べ物がおいしい旅館がいい。
(無精者です。すいません。)

少なくとも5回は、温泉につかる。

着いて浴衣に着替えるのももどかしく、お風呂に向かう。
あっちの湯船、こっちの湯船と渡り歩いて、洗いもせず出る。
いわゆる「からすの行水」ってやつである。

そうこうしているうちに2度目。

夕食の前に3度目。

寝る前に4度目。こんときは体と頭を洗うから、ちょっと長め。

朝起きて5度目。

もう出発するという寸前にも入るから6回か。

旅館についてお風呂に入ったあとのビール。至福のひととき。

その土地のつまみでもあれば、最高である。

京都の地名2

京都の地名のつづき

京都の街中の地名の書き方は、通りと通りの交差点を
どっちに行ったどっち側っていうのは書いた。

京都のまちなかのバス停は、交差点の名前が多い。

四条河原町とか堀川御池、烏丸丸太町
(からすまるまるふとるまちではありません。そんな漫才がありました。)
などというようになっている。

でも信じたらあきまへん(京都弁になってしもた)。
「四条河原町」でバスを降りても四条河原町の交差点まで
5分くらいかかるって場合がある。

そんなんやったら、「河原町蛸薬師」って書けって感じ。

新築のマンションもそう。
近所に「パルコート四条室町」「ペラジオ五条烏丸」「ドゥドリーム室町」
という3つのマンションが並んでいる。

住所でいうと室町通万寿寺上ルか松原下ル。

「四条室町」でも「五条烏丸」でもそれぞれ10分くらいかかりまっせ。

京都の地名

京都のまちなかの地名の書き方は、他とちょっと違う。
通りと通りの交差点をどっちに行ったどっち側なんて書き方をする。

例えばうちなら、京都市下京区五条通室町西入というように、
五条通りと室町通の交差点を西に行ったところという意味である。
南側をつけておくと余計わかりやすい。

祇園に飲みに行くときも祇園町南側何番地より
花見小路通四条下ル何筋目東入北側って書いてもらった方がわかりやすい。

しかし最近、郵便番号が7ケタになってからややこしい。
通りを書かないで、いきなり町名。

うちも東錺屋町という町名がある。
東錺屋町っていわれても京都の人でもぜんぜんわからない。

郵便局の人には、わかりやすくなったかもしれないが、
普通の人にはどうなんだろう。

絶対、上ル下ル東入西入の方がわかりやすいと思う。

ビストロ

好きなビストロに「ガスパール」って店がある。

初めての時は、そのボリュームに驚いた。

家内の弟と行ったときは、私が一番安いコースを頼むのを見て
もっと高いのを食べようという。
まあ食べたらわかると納得させた。
食べ終えると「なるほど」。
いちばん高いの頼んでたら、絶対全部食べられない。

そんでまた、やってくるお客さんを次々に満席だからって断っている。
食べている人より断っている人の方が多いやないかって思うくらい。

最近は、食べきれないって意見におされたのか
「やや多め」レベルになってきた。

そのガスパールが2号店、3号店をオープンさせ、ついに東京進出。

メニューを見てみると、普通のレストラン。
私好みの「がっしり」ではなく、少量多皿。
行ってないからわからないけど、ちょっとがっかり。

少なくとも東京へ行って、わざわざ食べてみようとは思わない。

流行ったら東京進出はやめようよ。

猫に憤慨2

ついに保健所に行ってきた。
しかし・・・、保健所の言い分は
「昔は、のら猫で迷惑してると捕獲に行ったが、
今は動物愛護の観点から、そういうことはしていない。
犬なら狂犬病のこともあるので捕獲しているが。」

猫が庭に入らないように柵でもしてください・・・って
猫なんてどこからでも入ってくるやんか。
家じゅう網でもかけろっちゅうんか
って怒ってもしゃあないので、
とりあえず猫除けの超音波の出る機械を借りてきた。
はてさて、効果はあるものか。
2週間しか借りられないから、その後どうしたらいいんだろう。

何日か前の新聞に猫のフンでもめて、火つけたって記事が出ていたが、
それくらい怒り心頭である。

誰かなんとかしてくれぇ。

台風とハリケーン

ハリケーン「グスタフ」がニューオーリンズ近くに上陸したらしい。
台風とハリケーンってどう違うんのだろう?
サイクロンやタイフーンって言い方もあるよな。
アメリカのハリケーンは、女性の名前がつくって聞いてるし・・。
「グスタフ」って女性の名前?

調べました。

日本など北西太平洋・アジアでは、「台風」や「タイフーン」と
呼ばれている熱帯性低気圧は、アメリカなどの北中米では「ハリケーン」、
その他の地域では「サイクロン」と呼ばれています。
つまりみんな一緒、呼び方が違うだけということです。

また、今年の「グスタフ」や3年前の「カトリーヌ」などハリケーンの名前は、
1979年以前は女性の名前がつけられていましたが、
1979年から男女同権ということで、男女交互になりました。
名前はABC順ではじめから決められていて、
日本で言う台風1号は「Arthur」、
2号は「Bertha」というようになっていて、
今年7番目にできたハリケーンということで
「Gustav(グスタフ)」ということです。
ちなみに次のハリケーンは、「Hanna」です。

女性の名前でないハリケーンでも強いのあるんですね。

福田総理退陣

突然、福田総理が退陣を表明された。

昨日朝から、「東南海地震が和歌山で発生した。」とかいいながら、
訓練として防災服でテレビに出ておられたので、
夜テレビをつけて、「福田総理退陣」の字幕の横に「訓練」という文字を
探したのは、私だけだろうか。

まあ、訓練で総理退陣の記者会見をやる訳ないよな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。