スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五臓六腑

ビールを飲んだとき、「五臓六腑にしみわたる」などと言うが、
その五臓六腑とは、漢方で、人間の内臓全体を言い表すもの。

「五臓」は、肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓のこと。
心包(絡)を合わせて六臓とすることもある。

「六腑」は胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦を指す。

六臓すべてにその機能を司どる「神(神経?)」というものがあり、
その六臓の神に効果がある薬(丸薬)という考え方から、
六神丸という名前が生まれたという説がある。

逆に考えると、神経のバランスが崩れると
五臓六腑どこかの調子が悪くなると言える。

つまり、漢方の考えは、ひとつの臓器の調子が悪くなって、
それを治療するというのではなくて、
神経が異常をきたすから臓器の調子が悪くなる、
という考えになるのではないか。

胃が痛いから、胃薬を飲むのではなく、
胃の調子が悪いということは、体全体の調子が悪いこと、
つまり自律神経の異常だから、自律神経の薬を飲むというのに近いと思う。

更年期など、自律神経の異常からくる体の不調は、
ある人は「目」だったり、ある人は「腰」だったり、
ある人は動悸や息切れのような症状だったり、
むくみだったり、「内臓」だったりする。

ということは、自律神経の異常はどこに出てもおかしくないわけだ。

西洋医学は、そのひとつの臓器の薬を出すが、
漢方は血の流れや体全体、神経の異常に対する薬を出す。

そんな違いってことかな?
スポンサーサイト

デトックス

「代謝」を調べていたら、たまたまデトックス(解毒)って書いてあった。

デトックスって解毒のことやったんか。
知らんかった。

デトックスっていうと、足の裏を水につけたら、変な色になって
体のいらんものが出て行くってやつやと思っていた。
そんな簡単にそれも足から出ていくわけないと思っていたが、
案の定、いんちきやったようだが、デトックス=解毒とは知らんかった。

解毒っていえば、六神丸。
食中毒なんかの毒素を速やかに体外に出す作用がある。
六神丸を飲んだら、吐き気がしたり、下痢したりするのは
まさにそれ。六神丸が毒素を体外に出そうとしている。

古いもんやと思っていたが、言葉をかえるだけで新しい。
六神丸も「デトックス」で、売り出そうかな。

お酒の前に

お酒は好きだが、あまり飲めなかった先輩の奥様。
ワインを飲むとすぐに頭がいたくなられていた。

それが六神丸をお酒を飲む前に服用しておくと
頭が痛くならなくなったって。

量がいけるようになられたのか
最近は「酒呑み」って言われるようにようになったとのこと。

私もかなり六神丸のお世話になった。

お酒は好きだが、あまり飲めない。
つがれるとすぐに飲み干して、杯を相手に返してしまう。
これをやると、あとでエライ目に。

六神丸で、強いと思われているかも。

最近思うのは、安いワインは一本も飲むとかなり具合悪くなるが、
高いワインは違う。

なんでかなぁ?

信号

最近の信号は、いろいろな種類がある。

だいたい信号というのは、赤から青になって黄色に変わってまた赤になる。
しかし、右折の矢印が出たり、左折の矢印がでたり、
たまに直進の矢印がでて、青にならない信号もある。

また、歩行者と自動車が別々の歩車分離信号ってのもある。

反対側の信号が赤になれば、さあぼちぼち青に変わるぞという思い込みがあるから
すぐにスタートをしてしまうと、危ない。

歩行者も車の直進信号が青になれば、歩行者信号が赤でも思わず歩き出してしまう。

車で通勤していて、いつも思うのだが、
右折の矢印信号が出てからすぐ赤になる信号と
一度黄色になってから赤になるものと両方ある。

できればどちらかに統一してほしいものだ。

矢印が出て、次に黄色になるという思い込みで
車を走らせてしまうと、すぐ赤になって危ない。

なんでもそうだが、いろいろ考えて複雑にしてしまうとややこしい。
簡単・単純・シンプルが一番。
信号もそうではないかな?

薬の郵送はダメ

パブリックコメントっていうものがある。

こんな法律をつくろうと思っていますが、
国民の意見はどうですか?
文句のである人、意見をどうぞっていうもの。

薬事法が変わるので、これが出た。
そのなかに薬は郵送してはあきません。
という一文があり、たいへん困っている。

町の薬やさんがどんどんなくなって、
街中にも郊外にもドラッグストア。
お菓子もあれば、ビールも。
そんなところにおいてくれる薬はよっぽど儲かるもの。
なかなか置いてはくれない。

そうなると、唯一のよりどころが郵送。
これがダメってなると、ダメージは大きい。

伝統薬をつくっている会社で、つぶれるところもてでくるかも。

厚生労働省の役人さんは、一方だけ見て、
私たちのことをみててくれない・・・そんな気がする。

先生

5年生の双子の子供がいる。

ご多分にもれず、塾に行かせている。

かける2だと出費がなかなか。
塾も考えていて、算数の補習やとか日曜日のなんとか授業とかいってふんだぐる。
賢いクラスの方がいい講師が揃っていて、
上にいないとお金をどぶに捨てているみたいなもの。

塾の先生もたいへんだ。
有名中学に何人行かせたかで、報酬が違う・・・と思う。
(聞いてみたわけやないから、想像)

そう思うと公立の先生はやっぱり手ぬるい。
大阪府の橋下知事が各市町村の成績を発表して、
アカンとこはアカンと徹底的にやるとか言っていたが、
塾の先生と比べると全然ダメ。

公立の中学もどこでも行ける
(京都市は地域によって行く中学が決まっている)
ようにして、競争させたらなんて思う。

あそこの中学は、有名高校に何人行かせたからあそこに行かせる、
あの中学は、施設が立派だからいい、
こっちは、ちゃんと躾けてくれるなんて競争があれば
先生ももっと真剣になるに違いない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。