スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血管

飲んでいたサプリメントの会社からメールが来た。

いつもはすぐに[削除]するのだが、
たまたま血管のことが書いてあったので、読んでみた。

つまりは、お薬で血管を若々しくしましょう。
こんな成分がいいですよってな話。

欧米では、20年も使われていますって。
何を言うとるんじゃ、六神丸は110年じゃ。

20年くらいでガタガタ言うな。

そんなもんで人体への影響、わかるんかい!

って興奮しすぎ。


まあいろいろ書いてあるが、日本には六神丸があります。

西洋の薬、コマーシャルで流すと「効くかも」って

信じそうになるが、昔から110年前から、日本には六神丸があります。
若い人には親しみがないかも知れませんが、
ある程度の年齢の方は知っておられる。

ぜひ一度お試しください。
副作用は100%とはいいませんが、99%ありません
スポンサーサイト

紅葉

大阪の知り合いに「京都の紅葉はどこに行かはる?」って聞かれて、
言葉につまった。わざわざ、紅葉を見に行くことがない。

そのときはそういったが、ハタと気がついた。

わりと車の中から、ここがいいあそこがいいと思っている。

○あぶり餅で有名な「今宮神社」から北大路通に出るところ。
○紫明通の堀川から鴨川にかけて。
○そこから鴨川を北へ、御薗橋まで。

鴨川の両端は桜もきれい。
植物園沿いの紅しだれ、普通の桜よりちょっと遅め。

話がそれた。

先日、おのぼりさんさながらに嵐山から嵯峨にかけて散歩に行った。
亀山公園から大河内山荘、常寂光寺をぬけて落柿舎へと回った。

紅葉はもうちょっとという感じだが、なかなかきれい。

祝日だから人も多い。

大河内山荘出たとこの「竹林」なんか、テレビで見るだけだったから
なかなか感動した。

カメラなんか構えて、おのぼりさん丸出しなのに

口をついて出る言葉が「おおきに」なんて

本当にさまにならない。

ちょこれーと

東京出張の合間、ちょこっと時間が空いたので、
行ったことがない施設へ(丸ビルも六本木ヒルズも行ったのはつい最近です)。

チョコレート好きとしては、新しいチョコレート屋さんはチェック。

勇んで行ったのですが、「?」・・・入りにくい。

厳重な警備の「ジャンポール・エヴァン」も
制覇しているのになんだこの入りにくさは・・・。

一度は通り過ぎたが、勇を鼓して店内へ。

宝石屋さんかなと思うショーケース、はじめに目に飛び込んできた数字は
「¥13,000」目が点。

きれいなお姉さんが、「一番お求めやすいのはこちらになります。」

指輪でも入ってそうなちっちゃなちっちゃな箱。
4個入り3000円。

その箱にこれまたちっちゃなちっちゃなチョコレートが4個。

ヒ~ッ、一粒750円かい!

アメリカが本店で最高級のカカオを使用しておりますので、
「世界でもっとも贅沢なチョコレート」と言われております。

・・・・・恐れ入りましたって感じで、すこすごと店を後にしました。

ガニ股

トイレの中に手洗いがないので、手を洗いに2、3歩あるく。

たいていはファスナーをあげ、ベルトをしめて手を洗うのだが、
たまにパンツを上げただけで歩く。

そうするとズボンが落ちるので、ズボンが落ちないように
足を大きく開いて、ひざをまげて歩く。

そうすると、ある野球選手が思い浮かぶ。

中日や横浜で活躍した「種田仁」選手である。

彼独特のバッティングフォームは「ガニ股打法」と呼ばれているらしい。

今年は西武でプレイしたらしいが、残念ながら戦力外となった。

来年も彼のガニ股打法が見てみたい。

自称グルメの会

自称グルメと自称ワイン通が寄って、グルメの会を
2ヶ月に1度程度やっている。

昨夜は、京都上賀茂にある「秋山」。

京都の南の方にお住まいの方から、北の方は温度が違うなどと言われながら、
タクシーを降りた。



下見したにもかかわらず、わからない。
通りがかりの人に聞くと、行き過ぎていた。

「真っ暗」。予約した15分ほど前にもかかわらずである。

電話したら、少々お待ちくださいとのこと。

やっと店内へ。囲炉裏の待合で、食前酒。
うーむ、三ツ星フランス料理店のウエイティングみたい。
ここでメニューでも渡されて、さあ今夜は何を食べようか、などと
考えながらシャンパーニュでもいただけたら最高だが、
今夜のメニューは予約済。

他のお客さんも見えられて、ようやくカウンター席へ。

料理は野菜中心。おいしい。それより盛りつけが凝っている。
さすがになかなか予約が取れない、女性に人気があるのがわかる。

最後に土鍋でたいたご飯、おこげをいただいて、また先ほどの囲炉裏の部屋へ。
店主(三十代)のたてたおうすで、お開き。

値段を聞いて、みんな驚き。お安いのである。
やっぱり人気なわけである。

気軽に行けたら、また来ようと思うが、
行こうと思う日の前の月のはじめに予約をとるめんどくささを考えるとふーん?

実際、予約の電話を何回かけたことか。

何度かけても話し中。次の日、別の店にしようかなと、最後と思って電話をして
ようやく予約できた。

なんとかできないものか。

それとお客さんが来る30分前には、店を開けとけよ。

体重

去年の夏、74キロあった体重が冬には64キロになった。
半年で10キロ減量したわけだ。

それまで、ず~~っとやせようと思ってきたが、
思うだけに終わっていたのが、ようやくである。

思いは通じるってことか。

最初は、朝にシェイクみたいなものを飲み、昼食抜きで
朝昼晩と4種類くらいのサプリメントを飲んでいたが、
これがなかなか高い。

続かない。

それやったらと、ただお昼を食べないだけにしてみた。

一応、少々の増減はあるが、安定している。

昨日たまたま、夕方から講演会と懇親会がホテルであり、
ろくなものがでないんじゃないかなと思って、
久々にラーメンを食べに行った。

しばらくすると、おなかゴロゴロ、ピーピー。
いわゆる下痢っていうやつである。

うーむ、マクドに続いてラーメンも体に合わないか。

だいぶ前、子どもとマクド食べてしんどくなって以来、
マクドは食べない。

年齢のせいってやつよね。寂しい限り。

いのこもち

11月に入ると和菓子屋さんに「亥の子餅あります。」って看板が出る。

この「亥の子餅」ってことばを聞くと必ずユーミンの歌を思い出す。

♪ハローウィン~ いのこづちひと~つ♪っていう歌。
『りんごのにおいと風の国』、「オリーブ」ってアルバムに入っている。

「亥の子餅」と「いのこづち」似ていないこともないが・・・

ハローウィンで始まる歌詞と和菓子屋さんの看板が
季節的に重なるのだろう。

ちなみに「亥の子餅」は漉し餡をあんを入れたお餅で包んで
猪の形にしたものだそうだ。
(今日行った和菓子屋さんのレシピ)

各地でいろいろあるみたい。
収穫が終わったお祝いに食べるとか、
子沢山になるようにという願いがこめられているとか聞いた。

もうひとつちなみに「猪の子槌(いのこづち)」は雑草で
いわゆる服につく「くっつきむし」である。

第3のビール

最近、第3のビールを飲む。

一番は、普通のビール。
第2は「発泡酒」といわれるやつ。
第3は「その他の雑酒」。なんといっても「雑酒」である。

酒税が高いから、なんとかしようとビール各社必死で考えた。

最初出たときは、「甘!」と思ったが、最近まあまあいける。

しかし、最近ビールの類(たぐい)がまずい。

「とりあえず」はいいのだが、量が進まない。

年のせいか?
ワインや日本酒になってきた。

ちなみにビールは6000年以上の歴史があるようだ。

第3のビールのような、ぽっと出の飲み物、飲んでて
大丈夫なのだろうか?

なんか悪いものが体に蓄積されたりしないかな?

ちょっと心配な今日この頃である。
がしかし、今夜も「とりあえず・・・」

カップラーメン

「カップラーメン、こんな添加物のかたまり、食べたらあきません。
私は体に悪いものは食べません。
ですから、値段も知りません。」くらい言えんもんか、麻生さん。

庶民感覚がないって言われている総理大臣。
カップラーメンの値段を聞かれて、400円って言った。

私もここ何年も食べたことないので、突然言われたらわからない。

昨日スーパーで調べたら、150円くらい。

知らんもんは知らんでええんちゃうの。

ホテルのバーは、安いと思う。
どんどん行かはったらいい。

銀座に毎日通われたら、文句言うとは思うが・・・

でも自分のお金やんね。

六神丸で医者いらず

先日、お客様の家の人とお話した。

もうすぐ80歳になるが、六神丸を毎日飲んでいるおかげで元気で、
医者に行ったことがないし、
他の薬のお世話になったこともないとのこと。

こういう方はありがたい。
大事にしていかなければ。

しかし若い人は六神丸のことぜんぜん知らない。
六神丸って、船の名前?なんて言われる。

神経の病気にもよく効くのに。
誰か若い人に浸透させるええ考えないですか?教えてください。

不安神経症で、外出するのがこわいって人が
六神丸を飲んで、安心して出かけられる。
こんな人もおられます。

お金持ちはケチ

「生活支援定額給付金」ていうのがもらえるらしい。
いろいろ変わって、今はひとり12000円。
ある程度のお金持ちは遠慮せいって。

そんなもん誰が遠慮するか。
もともとは税金。
もらえるものは全部もらうのがお金持ち。
そうせんと貯まりません。

東京の大金持ちは知らんけど
大阪の人は絶対遠慮せんと思う。

お金持ちはケチやから。

市町村の合併

最近、経費節減のための市町村の合併が多い。

こんな市あったっけ?というところが増えていると思うのは
わたしだけだろうか。

合併で由緒ある町の名前が消えていって、訳のわからない
ただその地方っぽい呼び名を市にしたりするのは、
そこに住んでいる人にも違和感が残り、
住んでいない人なら、そんなところ知らない、
社会の授業で習ってない、てなことにならないかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。