スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上がる下がる

朝ラジオで起きる。

放送局の場所の言い方が気になる。
「京都烏丸四条・アルファステーションからお送りしています。」

ん?烏丸四条?四条烏丸ちゃうのん?

京都では、町名の前に通りと通りの交差点を
どっちに行ったところの・・・町・番地なんて言う。

前の会社の住所は京都市下京区五条通室町西入東錺屋町、こんな感じ。

つまり五条通りに面していて室町通りを西に行ったところ。
新町を東に行ってもおんなじということ。

アルファステーションは烏丸通を四条通から下がったところにあるから、
合っていると言えば合っている。

しかしバス停の言い方とかいい安さから、
烏丸四条ではなく四条烏丸が普通。

まぁどっちでもいいけど。
ラジオのパーソナリティーからして見れば、
いい安い方がいいのちゃうかな。



スポンサーサイト

脳死

脳死を人間の死とするか、大きな問題である。

臓器移植しか道のない人にとっては、前進である。

また、脳死だけれど実際に生きていて成長しているって親御さんにしてみれば
自分の子供は死んでいない生きている、そうなるだろう。

子供をなくしたとき、意識はなくても脳死でも生きててほしいと思った。

しかし10年もたってみると
あのときあの子なりに気をつかって、パパやママに新しい生活を送ってと
言ってくれたんだと思うようにしている。

あの子がいたら、今の暮らしはないわけだし、
双子もいなかった。

そう思うと、運命というものはあるんだな・・・。

最終的に家族が決めること。

何でも反対党はぐずぐず言うな。

奈良のスペイン料理

自称グルメの会、今日は最強の助っ人を得て「自称」がとれたグルメの会?

木乃婦三代目・高橋拓児さんに「今度いきましょ。」などと言われるとすぐに実行にうつす。
これが自称グルメの会のいいところ。
とりあえず興味だけはある。

言われてその場で日程を調整して、予約。

そして当日。

京都駅の近鉄改札口で待ち合わせ。
富雄って駅まで、1回の乗換えで約1時間。

駅前とは思えない東南アジア系の建物の雰囲気。
中に入っても天井が高く、くるくると扇風機の親玉みたいなものが回っている。

なかなか期待がもてそうだ。

料理はいわゆるモダンスパニッシュ。
お皿の上に「ちょこっと」が何皿も出てくる。

全部で12皿。デザートも三品。

近所の奥様方には大いに受けるだろう。
しかし、むくつけきおっさんには?

別に不味いとは言わないが、なんか凝りすぎ。

近くにあれば再訪したかもしれないが・・・

イケメン料理人・高橋くんも・・・

われわれ自称グルメの会にはスペインのバール料理で
豪快にパエリヤでも食べてる方がいいということ・・・らしい。

ストレスが原因で鬱病

「仕事のストレスなどが原因で鬱病などの
精神疾患を患ったとして、労災認定された人が269人となり、
過去最多を更新したことが分かった。」

という記事が新聞に出ていましたが、

六神丸、鬱にも効きます。

効能の中の「気つけ」っていうのがそうです。

「きをつけ、やすめ、前になれ!」の中の
「きをつけ」がすなわち「気つけ」です。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
仕事など緊張しているときは交感神経が働き、
遊んでいるとや休憩など休みときは副交感神経が働いています。

つまり神経も「きをつけ、やすめ、前になれ!」やないですが、
ピンとはりつめた状態とだらんとした状態を繰り返して
正常な状態を維持しています。

ずっと緊張した状態が続くと「鬱」などの症状が現れます。

更年期もその一種です。

六神丸は自律神経の異常からくる体の不調にもよく効きます。

自暴自棄にならずに六神丸、試してみてください。

官報

今回の薬事法の改正で、法律について勉強させてもらった。
といっても新しい法律がどこにどのように発表されるかくらいですが・・・

官報というものに出る。
今回の経過措置も、離島と継続利用者に限っては
2年間猶予期間を設けましょう、ていうやつです。

省令の名前もふるっている
「薬事法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」だって。

それが5月29日の官報に出ている。

(号外第111号)の4の第三十一条。

その部分が面白い。といっている場合ではないのだが・・・

見た目、なんとなく白い部分が多い。
あと縦書きと横書きになっている。

それでなくても法律なんて読みにくいのに
わざわざそれ以上に読みにくくしたのかって感じ。

読んでみてもまるっきり意味がわからない。
上の行から下の行に文章が続いていかない。

意味を理解しようとするだけで、おそろしく時間がかかる。
こんなもの誰も読まんからこんなもんでええやろうって感じ。

感じ悪う~~~。

国民を馬鹿にするにも程がある。

責任者、出て来い!!!!!

(出てきたら、どうすんにゃ?)

あやまったらええやんか・・・ごめんちゃい。

大好きだったボヤキ漫才の人生幸朗・生恵幸子師匠のネタです。

薬局薬店のみなさまへ

6月1日より改正薬事法が施行されました。

リスク分類の薬の配置にお忙しいことと存じます。

同日から医薬品の通信販売が規制されました。

私達が1粒1粒丹精をこめて製造しております六神丸も
消費者に直接お送りできなくなりました。

つきましては、
手に入れるのが難しいとか
儲からないとか
手間がかかるとか
置きにくいとか、
おっしゃっらずに六神丸お買い求めになるみなさんの健康のために、

亀田はもうやめたとか
販売を中止したとか
つぶれたとか
言わずにお取り扱いをお願いいたします。

私達と消費者をつなぐのはあなた方だけです。

切によろしくお願い申し上げます。

改正薬事法

ついに今月から改正薬事法が動き出した。

とりあえず離島にお住まいの方と
継続使用されているか方については今まで通り送ることができる。

今日も問い合わせが何件かあった。

消費者の方も不安だと思う。

新規の方には、ご近所の薬局さんを教えているが
どうしてもというお客さんはどうしたらいいのだろう?

薬事法に違反するからと頑なにお断りするのだろうか?

お客さん逃げてしまいそう。

同業の方とお話していたが、

製造のときは、大企業とおんなじものすごく厳しい規制があり、
売るときも規制されると、廃業するしかない。

今まで日本人の健康を守り、国・地方に貢献してきたつもりだが、
不要ということでしょう。
老兵は消え行くのみ ということですか。

お国は伝統を守ることは、お嫌いのようで・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。