スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅刻は嫌。

なんとなく自分の性格の一端がみえたような。
(今頃?ってあきれられるかもしれないが)

大阪で薬の講習会があり、
乗り継ぎや徒歩での移動なんか考えると
なるべく早く出たほうがいい。

仕事やもろもろでなかなか出られない。
気ばかりあせる。

結局、30分ほど遅れたが、どうってことはない。

23日前、家内を連れて、ロータリーのお食事会。

やっぱり女性は出る直前に時間がかかる。

早く行かないと、お偉い人(年寄り)のテーブルに座らされる。
気ばかりあせるが、家内はどこ吹く風。余裕綽々。

ぎりぎり間に合ったが、予想通り年寄りのテーブル。
心配するほどのことはなく、それなりに楽しかった。

しみじみ考えるに、自分という人間は遅刻は嫌い。
早退はどうってことない。

以前の講習会でも自社に関係ないって思ったら、すぐに退場。

早退は全く意識しないが、遅刻はものすごく気がせく。

要するに、「京都のいらち」ってやつか。

50歳も前にして、今頃気がついた自分の性格でした。
スポンサーサイト

インフルエンザⅡ

先日、インフルエンザについて書いたら、

書いた翌日、子供が熱を出した。

その日、小児科のお医者さんに連れて行ったが、

「たぶん、ちがうやろう。明朝熱がまだあれば
検査しましょう」ということで、幾分安心していた。

しかし熱が下がらない。
ある程度、覚悟して行ったら、案の定。

なったものは仕方がないと気持ちを切り替えて、

次はどうしたら家族にうつらないか・・・

「隔離」と「徹底的なマスク着用」、「これでもかというほどのうがいと手洗い」

おかげさまで家族にうつりませんでした。

しかし、塾は家族に出たら、「大丈夫でもくるな」

元気な上の子は、暇でしゃーない。
やはり家で勉強するのと塾で勉強するのは、集中力が違うみたい。

なんとなくボーっとしてたり、本を読んでしまったり、「ラジバンダリ」

二人とも1週間塾を休んで、今は元気に学校も塾も行ってます。

やっぱり、「今のうちに菌をもらっておけばよかった」などとぬかす輩が・・・

インフルエンザにかかった当人曰く

「丸2日間、38度以上出るとしんどい。
熱が少し下がっているときも、しんどかった。
そんなこと、言わんといて!」って怒ってました。

それにしても家内の「完全隔離」戦法には驚きました。

今日のパン

ママのパン2

結構、パン屋さんに行くのが好きだったのに、
最近なかなか行けない。

家内曰く
「パン代浮いてるやろ。何買ってもらおかな」

自家製パン

ママがパンを習いに行った。

ママのえらいところは、その日のうちに復習すること。

私や子供なんて、当然のごとくその日のうちに復習なんてしないし
すんだら忘れてしまうことさえあるのに・・・

習って帰ってきて、夜9時くらいからパン作りをはじめた。

終わったのが、12時過ぎ。

付き合わされるパパもつらいところ。

まあ、焼きたてのおいしいパンが食べられるのだから良しとしよう。

続きを読む »

ランチ

久しぶりに「おいしいもの」の話

幼稚園の先生がランチでもということで

「木乃婦」へ。

5000円のミニ懐石。

さすが今ブイブイ言わしている
高橋拓児だけのことはある
昼からなかなかのもの。

一通りご飯ものまですんで、デザート。

仕切りのなかには6種類の甘いもの。

アイスの解け具合もいい感じ。

高橋さんの甘く端整なマスクとともにご婦人方にうけるはずだ。

家内も先生もご満悦。

ひとつ難を言えば、飯蒸しに稲庭うどんに、最後のご飯と
おなかの膨れる物が多かった。

家内が嫌いなものまで食べたから、超まんぷく。

ちょっと考えてよ、高橋くん。

ちなみに「佐々木」はもっとすごいらしい。

選挙Ⅱ

予想どおりというか、民主党の圧勝=自民党の惨敗という結果になった。

民主党が勝ったというより、自民党がこけたという感じ。

選挙期間中、両党の候補者のミニ集会に行って、

民主党の候補者・・・ものすごく前向き、どんな質問にもすぐに明快に答える。
昔の野党の「何でも批判」ではなく、政権を担うという意欲が現れていた。

一方の自民党・・・ものすごいマイナスのイメージ。
民主党とは逆に昔の野党のような「何でも批判」。
土下座まではされなかったが、お願いの連呼。

自民党の集会には参議院議員や市会府会議員がたくさん来て
「民主党にやらせたら、ろくなことないで」ってこれでもかこれでもか。
今までの自民党の政治でろくなことなかったことを棚に上げて・・・

これでは勝てないなと思った。

誰か書いておられたが、夫婦や親子、社員だからといって
無理やり候補者の名前を書かせるとか、
党員や支持者だからと無理強いしたら駄目だと思う。

やっぱり候補者の人となりや実績や経験、やる気などを
本人がよーく吟味して、責任を持って1票を投じるべきだ。

あと議員を「先生」って呼ぶのやめません?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。