スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨森無二膏

今日は京都家庭薬協会 会員の雨森無二膏のお話。

無二膏1
無二膏2

雨森家の初代・雨森良意は、元は御所出入りの御殿医だった。
腫れ物に苦しむ人々のために開発した膏薬の評判があまりにも高く、
その効き目は二つとないということから、無二膏の名がついたと言われる。
無二膏の需要が高まり、製造が追いつかなくなったことから、良意は
その製造に専念するため、御殿医を辞した。

天下に二つとないことから名づけられた無二膏だが、
同じ町内で雨森良寂という人が無二膏を販売し、
二つとないはずの無二膏が同じ町内に二軒もあるのはおかしいと
「無二膏が二つある車屋町」と都人が揶揄したという記録も残っている。

その後、禁門の変で焼け落ちたが、再建された。
明治17年に商標法が公布されたが、このとき無二膏を名乗る商品が
各地で出回っていて、商品名ではなく一般名とされた。

缶の裏にある効能には、「よをう、疔、ねぶと、乳腫、きりきづ、お灸のあとの排膿」とある。
よをうは癰と書いて、化膿菌で引き起こされる皮膚の限定性の炎症のことで
疔は面疔など化膿性の炎症で、どちらも「できもの」のことである。
ねぶとも脂肪の多い部分にできる腫れ物のことです。

成分は、ごま油・鉛丹・ダイオウ・オウギ・ジオウ・オウバクなど
全部で13種類の生薬が含まれている。

無二膏は古典落語の演目、松山鏡(二十四孝)の中で何につけてもよく効くものの
たとえとして出てくる。

京都市中京区二条通車屋町東入の沼田薬品にて購入できる。
スポンサーサイト

新型

ついに双子のもう一人も新型にかかってしまいました。

学年で2クラスあって、そっちの組9人も休んでいたんやから

そらなるわな。

家族内では、必殺隔離大作戦でうつらなかったのに。

熱が下がって3日は学校にくるなって言われているのに
1日で来たやつがおるんやから、しゃーないわな。

それでもしんどいって言い出したとき、すぐに

前にもらっていた リレンザがあったので、

お医者さんにきいてすぐしたら、軽くすんで
すぐに直りました。

おかあさんの力に脱帽です。

これで少なくとも新型の予防接種はしなくていい。

予防接種は1年しか有効期間はないらしいが、

1回かかっておくと免疫ができて、5年くらいは大丈夫らしい。

                (↑うるおぼえです。すいません。)

とりあえずは、受験までは大丈夫。

残念ながら、東京出張は宿泊できず、得意の日帰りとなり
行きたかった銀座のビストロはお預けとなりました。

古都の配色

だいぶんと色づいてきました。

今週末あたりが、見ごろ。

嵐山では、銀座並みの混雑らしい。
(そんなところへは近づきまへん。)

緑の中の赤もいいが、けっこう黄色いイチョウが好き。
車で走ってるときれいやなあ、なんて。

こないだも堀川通を下がっていると
(京都では南へ行くことを下がるといいます)

イチョウの黄色いがず~と続く・・・

ええなあ、なんて思っていると突然「ピンク」の看板。

無粋やなあ。選挙事務所。

マクドナルドでも京都では気い遣って、真っ赤やないのに。

庶民を守る政党が聞いてあきれるわ。

もうちょっと考えてくれへんかなあ。

ビストロ

久しぶりのビストロ話。

昨日、家内と最近できたビストロへ。

「予約した亀田です」というと、「どうぞ2階へ」。

階段を上がると、勝ち誇ったように「下です」。

すいませんもない。

「なんじゃそりゃ」とつぶやきながら用意された席へ。

前菜はフォアグラと鶏のテリーヌりんごのキャラメリゼしたものが入っている。

家内曰く
「まだ完成されてない料理、客に出すのはどうか。
付け合せのみずな、食べにくい。あと1センチ短いほうが・・・」

メインは私は子羊、家内は鴨。

子羊、骨が3本もある。でっかい。切ってない。

こんなナイフで切れるのか、と思ったが案の定、。

四苦八苦、付け合せもぐちゃぐちゃ。肉汁が皿の上に。

切っておいてくれるか、切れるナイフがほしい。

味はそこそこ。外側の塩加減はいいが、中は足りない。

デセールはスペシャリティのパリブレスト。

再び家内曰く
「シューもパリッとしてないし、クリームもおいしくない。私が作った方がおいしい。」

ネットでも書いてあったが、やたら「シルブプレ」を連呼。
注文のフランス語が飛び交う。しかし私語は関西弁。
そこまでするなら、フランス語で会話せいよ!


パリのビストロ風で、雰囲気もいいが・・・。
結論、もう1回はない。

ボンモルソーの方が数段上。

マスク

ついにうちの子供の学校でも学級閉鎖。

パパも強制的にマスク着用が業務づけられた。

花粉のころ、マスクをずらしてタバコ吸ってた人をみたが、
タバコ止めた方がいいんちゃう?なんて思ったが・・・・・

マスクしてると、とりあえず息苦しい。

眼鏡がくもる。

なんといっても自分の口からでた息がそのまま鼻に・・・
耐えられない。

つまり自分の息が臭いということ。

人に迷惑かけてると思うとたいへん申し訳ない。

こんな臭かったんや・・・

でもこわいもの見たさというか、
自分の臭いがどんなんやったんか、確かめたくなる。

嗅ぐとやっぱり臭い・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。