スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

旅するときは必ずバックに入れてます。

バスの中で気分が悪くなった方が飲んでよくなったので、喜ばれました。

早速六神丸を求めたいと言っていました。
スポンサーサイト

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

六神丸に出会えたことは神様のおかげだと思っています。

今はお守りとして肌身離さず

夜休むとき心配なとき2粒服用、

朝爽快気持ちよく目が覚めます。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者様の声
[番外編ていうか自分で使って]

うちの子供あまり丈夫やなかったけど、
毎日の小児六神丸と水泳のおかげで今はたいそう元気な中学1年生。

お茶碗3杯ご飯食べる日も。

小児六神丸効きまっせ、なにせ「サイカク」配合だもの。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

仕事が忙しくなって身体が疲れてきたとき、

朝食後に2粒服用すると気力がみなぎり仕事がはかどります。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

不安神経症のため外出するときは必ず飲みます。

入院するときも手放さず持っています。

夜中眠れないとき私にとって安定剤です。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者様の声

喘息の孫にしばらく小児六神丸を飲ませたら、

見違えるように元気になった。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

不整脈によく効くと聞き、精神安定に飲んでおります。

特に就寝前の服用でよく寝られます。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

風邪の引き始めに飲むとよく効くと思います。

治ったと思って安心してすぐ服用をやめずに

しばらく飲むとよい。これがわたしの服用方法です。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

最初は仕事中、急に立っていられなくなり、

薬局の店長に六神丸をすすめられて飲んだらすぐによくなり、

やめると動悸と頭痛で立っていられなくなるのでずっと飲んでいます。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

これからも六神丸を作り続け、

全国にこの薬の良さを知らせてください。

私どもが元気でいるのもこの薬のおかげと信じています。

今後ともよろしくお願いします。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

80年六神丸のおかげをいただております。

外出中気分が悪くなったときなどのため

常にハンドバックに入れております。

顔色

顔色の悪い人を見ると、

六神丸飲んで健康で元気になってほしいと

切実に思う。

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

今年94歳になる祖母がぼけずに元気なのは

数十年にわたって毎日飲んでいるからだと言っています。

産経新聞の記事

今日の産経新聞に
「20~30代の自殺 過去最高」
という記事が出ていた。

失業や過酷な労働条件で追い込まれて自殺するケースが増えているらしい。

周囲の「おせっかい」も必要としめている。

人は何らかの使命を受けて、世の中にものすごい確率で生まれてきた。

どんな使命なのか、命を全うするまでわからない。

落ち込む人、発散する人、いろいろだと思う。

気分が落ち込んだら、ストレスが発散できなかったら

六神丸です(なんややっぱり宣伝やんか)。

六神丸は自律神経失調によく効きます。

20~30代のお若い方、ぜひ。「鬱」にもどうぞ。

心房細動と脳卒中

今日の京都新聞に
「心房細動にずっとなっている人より
時々なる人の方が脳卒中に起こしやすい」
って記事が出ていた。

心房細動というのは心房が正常に収縮できなくなった状態で
心房に血液がたまって血液の塊ができやすくなり、
その血液の塊が脳にいって脳の血管がつまると脳梗塞になり
心臓の血管がつまると心不全になる。

つまり
心房細動にずっとなっている人は日ごろから
病院にかかっているので発見がはやくて
たまになる人の方は治ったと安心して
病院に行かないから脳卒中を起こしやすいから
早期に診察してもろた方がいいですよ
ということが言いたいらしい。

六神丸は心臓の働きをよくして、血液の循環を助ける薬。
常日頃から六神丸を服用していればいいということだ。

よく言われるのが、
「うちのおばあさんは六神丸のおかげで
ボケずに健康で○○歳まで長生きした。」
という話です。

皆さんもどうぞ。

六神丸が郵送できなくなってもうすぐ1年。

六神丸が郵送できなくなってもうすぐ1年。

継続使用者は例外ということで、郵送していたが、

あと1年で送れなくなるということ・・・厳しい。

昨日資料を見ていたら創業明治27年=1894年。

ということは116年も続けている。

最初は、現在の厚生労働省の管轄ではなく警視庁。

警察が薬の許可とかを出していた。

そのころから方法は変わっているだろうが、郵送している。

116年何の問題も起こっていない。

なのに「医薬品の販売は対面」という錦の御旗をたてて、

ドラッグストアの保護を真っ先に考える。

薬の使用者は次の次。

今まで服用していた薬が手に入らないと

高齢者は生きられないかもしれないから

国や省にとっては万々歳かもしれないが

確実に医者や病院に行く人は増える。

ということはほぼ確実に医療費はかさむ。

国の借金はますます膨らむ・・・ということとちゃうやろか?

六神丸の郵送販売が継続できるように皆様のお声をぜひ届けてください!

弊社も参加している全国の伝統薬メーカーで組織する全国伝統薬連絡協議会では、
伝統薬の郵送販売が継続できるよう活動を続けております。

本年4月から行われている内閣府の行政刷新会議において、
「伝統薬の郵送販売等の継続」を含めた一般用医薬品の
郵送販売規制緩和についての審議が行われております。

「伝統薬を送ってもらえなくなると困る」という多くのお声や苦情が
厚生労働省に届くことが規制緩和を推進する上で何よりも必要となります。
どうか下記の窓口まで皆様のお声を届けて下さい。

各都道府県の薬務担当課や居住地域の保健所まで
皆様の率直な、ありのままのお声をお伝えください 。

(例)
現在継続服用している伝統薬が、送ってもらえなくなるのは大変困ります。薬局薬店では手に入りません。→このあとに、他の理由などをありのままお伝えください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。