スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SJS


「SJS」でここ2年半に131人死亡という急上昇キーワードが​・・・

「SJS」ってなんやたっけ??

ググったら、スティーブンス・ジョンソン症候群のこと。
それやったら、一応薬を仕事にしてるからわかる。
風邪薬等の副作用で起きる皮膚疾患のこと。

あまり省略しないでほしい。

それにしても薬の副作用は恐ろしい。

添付文書をよく読んで正しく服用してください。

「ピンポ~ン」
スポンサーサイト

血管力

原料屋さんとの会話

今の人は 血管が弱っている。

血流をよくする機械を気持ちいいからと言って、
長いことやると血管が危険な状態になる。

使用上の注意をよく読んで、専門家の言うとおりしてください。

今の人は六神丸を飲んでないから、血管力が弱いということか・・​・

亀田六神丸ご愛用者の声


今日のお便り

息切れやめまいのとき服用しています。
時間がたってだんだん良くなってくるのがわかります。
私にとってなくてはならない薬です。

80代の女性の方

服用すると元気になれます。
近くの薬局で他社の六神丸を買ったところ、
99才の母に亀田でないとダメと言われ、
またバスに乗って買いました。

どうぞお大事に。

臥薪嘗胆

昨日、抗てんかん薬をお飲みの方の娘さんから、併用してもいいか訊ねてこられた。
抗てんかん薬の副作用で食欲が落ち、体重もかなり減ったとのこと。
六神丸を服用されていた時は、よく食べられていたらしい。
併用してはいけないのは「強心薬」だけで、一時でも併用されたことがあり
そのとき何もなかったのなら大丈夫だと思うと申し上げた。
六神丸の成分である「麝香」「牛黄」「熊胆」には気分を落ちつかせる
「鎮静」作用やけいれんをしずめる「鎮攣」作用があり、実際にてんかんの方も
服用されていると申し上げたら、大変興味を持たれていた。

その後、てんかんと熊胆について調べていたら、
「臥薪嘗胆」の「胆」が熊胆のことだとわかった。

臥薪嘗胆の「臥薪」は薪(たきぎ)の上に寝ること。
「嘗胆」は苦い胆(肝)をなめることで、
共に自身を苦しめることで復讐の志を奮い立たせることを表す。
意味は、復讐のために辛苦すること。
目的を達成するために苦労・努力を重ねること。

「良薬口に苦し」 六神丸も苦いですよ!!

亀田六神丸ご愛用者の声


90代の女性の方から

「4歳の時、大正のインフルエンザ(スペイン風邪)にかかり、
六神丸を服用して助かったと父母よりいつも聞かされました。」

この方は90年以上服用されています。

どうぞ元気で長生きしてください。

スペイン風邪のときは、問屋が店の前に並んで、
できたばかりの六神丸を奪い合うように持って行ったそうです。

亀田六神丸ご愛用者の声


今日もうれしいお便りを2つ。

「二十代の頃に2度ほど胸が苦しくなってつらい思いをしました。
六神丸のことを知ってから、痛みはじめたときに2粒大急ぎで服用しましたら、
とたんにピタリと痛みが取れました。
それからいつも持ち歩いております。」
80代の女性の方。

「昭和33年から50年以上、毎日2粒服用しております​。
私は六神丸のおかげで生きておられるくらいありがたいです。」
こちらも80代の女性のかた。

どうぞお大事になさってください。

亀田六神丸ご愛用者の声

いつもお世話になっております。

お陰様で胸のつかえも少なくなり動悸もほとんど感じなくなりました。

もう少し継続して見ようと思います。


どうぞお大事に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。