スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

渡辺武先生の本を読んでいて、興味深いことが出てきましたので
調べてみました。

「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」
という諺があります。
もともとは女性の姿の美しさをあらわした言葉ですが、
漢方的には違う解釈ができます。
「立てば芍薬」の”立てば”はイライラと
気のたっている女性を意味し、
芍薬により改善されます。
痛みを取ったり、筋肉のこわばりを取ったりします。
「座れば牡丹」の”座れば”はペタンと
座ってばかりいるような女性を意味し、
腹部に血液が滞った状態を意味します。
このようなときは牡丹の根の皮の部分が有効とされています。
「歩く姿は百合の花」は百合の花のようにナヨナヨとして
歩いている様子を表現しており、
心身症のような状態を意味します。
その場合には百合の球根を用います。
このように、それぞれの症状に合った生薬を用いると健康になれます。
つまり、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」は、
健康な女性は芍薬・牡丹・百合の花のように美しい
という意味かと思います。
百合
スポンサーサイト

しつこい頭痛

昨日、聞いてきた話です。

「頭痛がひどくて、いろいろな薬を飲んだが効果なし。
ほとんどあきらめていた人が「玄武ゆ」に入ったら
本当にスッキリ治ったとのこと。」

冷えからくる偏頭痛だったんでしょうか。

頭痛は、身体の筋肉の緊張により血管が収縮して
脳への血流が妨げられているのが原因です。
更年期になると血行不良だから余計に頭痛が起こりやすくなります。

お風呂に入って、たっぷり汗をかけば身体の毒も出ます。
リラックスできますし、全身の筋肉もほぐれます。
脳への血流が良くなって、頭痛が緩和されます。

筋肉の緊張をほぐせば、神経も緩和されますよ。
頭痛2

亀田六神丸ご愛用者の声

亀田六神丸ご愛用者の声

「祖母のすすめで、子供のころから80年近く、
毎日服用して91歳になりました。
いつも手元にもっており、ちょっとおかしいなと思ったらその都度飲みます。
するとすぐに気分がよくなり、91歳になってもすこぶる元気です。」

猛暑も六神丸で乗り切って、どうぞお元気で長生きしてください。

玄武ゆの感想


玄武ゆの感想をいただきました。

「お湯が柔らかく、通常の入浴剤より長湯しやすかった。

急激にあたたまるのではなく、芯から温まった。

疲れがとれ、足のむくみがなくなるほどしっかりとマッサージでき​た。

毎日でも入りたい。」

ありがとうございます。

プラシーボ効果

飲むヒアルロン酸というサプリメントが売れているそうです。
有名な年配の俳優・女優でCMしている「皇×」というやつです。

効くのか疑問に思って調べてみました。

実際にヒアルロン酸は関節、目、脳、肌などに多く含まれ、
細胞の保湿、緩衝、組織形状の維持など大切な働きをし、
関節の潤滑にも欠かせないもののようです。

しかし医療現場では、直接注入する方法がとられています。
ということは飲んでも塗っても効果がないということです。

ilm03_bd03017-s.jpg

口から摂取されたヒアルロン酸は体内に吸収されるまでに
消化酵素で糖分に分解され元とは違う物質へと変わっていきます。

服用したヒアルロン酸が直接、関節、目、脳、肌などに
行くことはないということです。

また、皮膚の保湿には効果があると思いますが、
皮膚表面から水性であるヒアルロン酸が吸収されることは
絶対にないとのことです。

でも実際関節痛が良くなった、効いたという人の声もあります。
それは「プラシーボ効果」が現れているからです。
プラシーボ効果は「この症状に効く!」と信じてサプリメントを飲むことで
暗示にかかり症状が軽減するのです。
おまじないと同じようなものです。

大半の企業がお金儲けのために消費者の不安をあおり、
商品を買わせているだけなのです。

大河ドラマが総ての史実に基づいていないように、
テレビのコマーシャルがすべて真実を述べているとは限りません。
それにテレビでコマーシャルしているということは
その分が商品にオンされているということです。

賢い消費者になりましょう。

といいながら、テレビのCMが気になる私です。

やはり節電のためにもテレビは消しましょう!!!

腎臓はすごい

「夜間頻尿」の方からお電話をいただきました。
その方は尿の量を測られたようで、尿意だけでなく
普通に夜中の方が尿量が多いそうです。

調べてみますと腎臓というのはすごい。

昼間は薄い尿をつくり、夜は濃い尿で起きなくてもないように
長時間貯められるようになっています。

加齢や糖尿病や心不全などの病気、あるいはストレスなどによって
腎臓の機能が低下すると「夜間頻尿」になるそうです。

少なくとも夜寝る前のコップ1杯の水はやめた方がよさそうです。
clip_01_2.gif


ちなみに私は最近夜中に起きたことがありません。
六神丸のおかげで、快眠・快食・快便・快酒?です。
酒の方は、怪しい方の「怪」かもしれませんが・・・

今日の「ごっつお」

今日の「ごっつお」は姉小路通富小路の『いいだ』。

男前のご主人と美人女将。

写真は、鱧ずし、魯山人の器で。

すいません、食べ物しか目に入りません…。

529650_340872122660430_2106163161_n.jpg

この写真うつしただけでも自分ではえらいと思っています。

お客様の声

本日2つめのお客様の声

「母は六神丸だけで、病気もなくボケもせず、

97歳まで元気でいました。

姉兄たち(83歳80歳78歳)も私(75歳)も

どこも悪くなく六神丸だけで元気です。

快眠快食快便です。」

どうぞず~~~と元気で長生きしてください。

お客様の声

亀田六神丸お客様の声

「口内炎ができたときに、2粒でスーと引きます。」

お客様には、いろいろ教えていただきます。

ちなみに偏食やストレスや睡眠不足、お口の不衛生などが原因らしいです。

口臭の原因にもなるらしいので、気をつけないと。

images口内炎


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。