スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがり症にも六神丸

小さいときから「あがり症」で、人前で話すとき緊張します。

手のひらに「人」という字を書いて飲み込むと緊張がとれるといいますが、
実際に効果があるのでしょうか?

調べてみました。
ひとつは「人」を飲み込む→人を食う(人を人とも思わない。)に通じるというものです。
つまり図太くなれるという、暗示という説。

もうひとつは
手のひらの中心には心を落ち着かせる「労宮」というツボがあり、
人という文字を書くとそこを自然となぞる。
労宮は、心臓に繋がっていて、そこを軽く触れるだけで交感神経の興奮を抑え、
緊張をほぐす効果を得られるとのことでした。

「あがり症」は血液中のノルアドレナリン値が上昇して起こります。
これは覚醒や興奮に関係している神経伝達物質で、
緊張や不安を感じたときに活発に分泌され、自律神経の交感神経を活性化します。
そして、交感神経が刺激されると心拍数や体温、血圧が急上昇するため、
動悸や発汗、震えなどの症状が起こるのです。

人は誰でも緊張すれば、自律神経のうちの交感神経が優位になります。
心臓が高鳴り、顔面は紅潮し、汗をかいて体を硬く緊張させます。
つまり、あがり症の人は、交感神経が人より敏感で、
このような反応が少々強く出すぎてしまうということらしいです。

六神丸は、心臓を強くして血液の循環を改善するお薬です。
自律神経の不調にもよく効きますので、「あがり症」にも効きます。
「気つけ」という効能がこれにあたります。

私もたまにお世話になります。

実際に「詩吟で舞台に出て独吟する前に飲んでいます。
人前でのあがり、のぼせなどが無くなったように思います。」
という方もいらっしゃいます。

また、元タカラジェンヌで女優の麻実れいさんは、 舞台の前に必ず服用されるそうです。

どうぞ皆さんもお試しください。
スポンサーサイト

熱中症にも六神丸

今日も暑いですねぇ。
こんな季節に気をつけなければならないのが「熱中症」。

「熱中症」は日射病や熱射病などの総称で、
「高温下での運動や労働のため、発汗機構や循環系に
異常をきたして起こる病気。
体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・
精神錯乱・昏睡などを起こし、生命の危険を
伴うこともある」とされています。

人は、皮膚の表面から空気中へ熱を放出し、
また汗をかき、その汗が蒸発するときに熱を奪う気化熱によって
体温をコントロールしています。

体温よりも気温が低ければ、
皮膚から空気中へ熱が移りやすく、
体温の上昇を抑えることができます。
また、湿度が低ければ汗をかくことで熱が奪われ、
体温を上手にコントロールすることができます。

しかし、気温が体温より高くなると、
空気中への熱の放出が難しくなるため、
体温調節は発汗だけに頼ることになります。
ところが真夏日によくあるように、
気温が高いばかりでなく、
湿度も75%以上になると、
汗をかいても流れ落ちるばかりで
ほとんどほとんど蒸発しなくなります。
そのため、発汗による体温調節すらできなくなってしまいます。

体温が37℃を超えると皮膚の血管が拡張し、
皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとします。
しかし、このとき体温がさらに上昇し、
発汗などによって体の水分量が極端に減ると、
今度は心臓や脳を守るために血管が収縮しはじめます。
つまり、ここでも熱が放出できなくなってしまいます。

熱中症は、こうして体温を調整する機能がコントロールを失い、
体温がグングン上昇してしまう機能障害です。

熱中症には、体感温度を下げることが重要です。
体感温度を下げられないとき、
発汗がやむをえない場合は、発汗の量に合わせた
水分・塩分補給が必要です。
また、発汗量が少ないにもかかわらず
多量に水分補給をしすぎた場合は逆に「水中毒」を
発症する可能性がありますので、
適度な量の水分補給を行うことが重要です。

六神丸は、血液の循環を改善しますので、
熱中症に効果があります。
また、「気つけ」作用もありますので、
熱中症でボ~とした体をシャキッとさせます。

風林火山

昨日、葉室麟さんの「春風伝」を読んでいたら、
風林火山に続きがあるのを知りました。

風林火山は
「疾(はや)きこと風の如く、
徐(しず)かなること林の如く、
侵掠(しんりゃく)すること火の如く、
動かざること山の如し」
ですが、孫子は
「疾きこと風の如く、
徐かなること林の如く、
侵掠すること火の如く、
動かざること山の如く、
知りがたきこと陰の如く、
動くこと雷霆(らいてい)の如し」

としています。

風のように速く動き
静止するときは林のように静かに
火のように攻撃し
陰のように隠れ
山のように防御し
雷のように突然出てくる。
ようにありたいと思います。
sonsi-genbun.jpg
120px-Flag_of_Furinkazan_svg.png
51MSuuIUqKL__SL500_AA300_.jpg

ちっともよくならない「めまい」に一発で!

先日「のぶりんのあつあつふうふう」を聞いて、
サンプルを申し込まれた方から、ご注文をいただきました。

「めまいがひどくて、病院で脳の精密検査を受けても異常なし。
耳鼻咽喉科でお薬をもらっても全く効果なし。
悩んでいたところ、六神丸2粒でめまいが治りました。
仕事場でめまいのことを知っている上司から
『無理せんでもいいから休んどき』と言われましたが、
六神丸ですっかりおさまっているというと
そんなええ薬やったらと注文しようということになりました。」

と上司の方からもご注文いただきました。
ありがとうございます。
メニュエルが六神丸で治まったという方もいらっしゃいます。
どうぞお大事になさってください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。