スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自家中毒にも「六神丸」効きます。

先日、うれしいお電話をいただきました。

「職場で上司が“自家中毒”になったとき、
六神丸ですぐに治まりました。
職場の同僚全員が不思議がって、感心していました。」

ありがとうございます。

「自家中毒」は、通常子どもがかかる病気です。

吐き気が主な症状の精神的ストレスからくる
自律神経の一時的な障害だと考えられています。

大人でも仕事や人間関係への疲れ、
精神的ストレスから自家中毒にかかる人もいます。

六神丸は自律神経の不調によく効きます。

どうぞお大事になさってください。
スポンサーサイト

六神丸で心肺機能の向上を!!!

一昨日放送の「たけしのみんなの家庭の医学」。
名医のセカンドオピニオンという内容でした。
見ていたのは、「呼吸器」。
長引く息切れと呼吸をするときの
ヒューヒューという奇妙な音。
病院に行くと「喘息」。
最初は薬が効いていたが、
効かなくなって、名医登場となる展開。
そして病名は「・・・・・」。

よ~く考えると数えるほどの名医以外は
藪ということなんじゃ・・・?
医者の言うことはあてにならん??

心肺機能は加齢やたばこの吸い過ぎ、
運動不足などの生活習慣によって大きく低下します。

心肺機能が低下すると、基礎代謝機能も低下し、
体に脂肪が蓄積したり、
スタミナ不足になったりして、
生活習慣病を引き起こす原因になります。
日本の三大死亡原因は、ガン・心疾患・脳卒中です。
それら生活習慣病を予防するために大切なのは、
循環器系と呼吸器系の働き。
つまり、心肺機能はたいへん重要ということです。
心肺機能は定期的な運動やトレーニングで
向上させることができます。
ジョギング

運動できない方は「六神丸」。よく効きます。
六神丸で心肺機能の向上を!!!

合成された香りより自然の生薬のかおり

洗濯物
「スメハラ」
「スメハラ」(スメルハラスメント)とは、
体臭や口臭など臭いによって周囲に不快感を与えること。
香りつきの柔軟剤で、体調を崩したという
相談が急増しているらしい。
けっこう自分の口臭はわからないが、
香水や煙草のにおいは敏感な方なので、
「ポンッ」とたたいて「いい香り」なんて
くさいだけちゃうの思っていたのだが、やっぱり・・・

人によっては、「柔軟剤と汗のにおいが混ざるのか、
もはやトイレの芳香剤のにおい」らしい。
国民生活センターによると、「柔軟剤のにおい」に関する
相談件数は、CMに比例して倍増しているとのこと。
そのうち、半分以上は頭痛や吐き気といった
体調不良を訴える内容。
また、「マンションの隣人が洗濯物を干すたびに
体調が悪くなる」など、他人の柔軟剤利用に関する
相談が多くを占めているとも。
「自分にとって快適なにおいでも、
他人は不快に感じることもあるということを認識しよう」
と消費者に呼びかけていると同時に
メーカーに対しても、消費者に配慮を促す取り組みを
おこなうよう要望したということです。

やっぱり好き嫌いはあるにせよ
科学的に合成されたにおいより
自然の香りが一番と思います。

ということで、ちょっとコマーシャル。
弊社の浴用剤は「生薬」のみで
合成されたものはいっさい使用しておりません。

「玄武ゆ」「朱雀ゆ」「青龍ゆ」のまあるいお湯と
自然の香りで「癒しのお風呂タイム」をどうぞ。



夏バテにも六神丸、よく効きます。

夏の暑さでダメージを受けた身体、精神が
悲鳴を上げはじめる頃です。

一日中つけっぱなしのクーラー、
外と内との温度差、
冷たい飲み物・食べ物、
こんなひとつひとつが夏バテの原因です。

昔は免疫の力で夏バテを乗り切ってきました。

しかし、ストレスや無理なダイエット、偏食などで
免疫力が低下しています。

こんなときこそ「六神丸」!

六神丸は元気を取り戻す薬です!!!
今の体調は万全と思われていませんか?
その体調は今までで最高のものですか?
そういえば、あのころは元気だったなぁ
と思われることありませんか。
六神丸は「気つけ薬」。
元気をつける薬、元気になる薬です。
今までで最高の体調に戻す薬です。

ストレスで弱った身体、精神に元気をとりもどします。
六神丸で最高の体調を取り戻してください。
夏バテにもよく効きます。

緊張が取れ、呼吸がしやすくなりました。

先日「のぶりんのあつあつふうふう」を聞いたと、
サンプルをお送りした女性の方から、
ご注文とメッセージをいただきました。
「早速試してみたところ、瞬く間に緊張が取れ、
心臓のあたりがほぐれて呼吸がしやすくなり、
ようやく自分の体に合うものと
出会えたと実感できました。
しばらく続けさせていただきたいと思います。」

ありがとうございます。
悩んでおられる方に少しでも
楽になっていただきたいと思っております。
どうぞお大事なさってください。

それと原田伸郎さん、遠藤のぶ子さん、
1179MBSラジオ「あつあつふうふう」の
スタッフの皆さんありがとうございます。

うつにも六神丸

先日、サンプルをお送りしたお客さまより
ご注文があり、早速お送りしました。
その後しばらくしてキャンセルのご連絡が。
抗うつ剤を服用しているので、
かかっているお医者さまに聞いたら
そういうお薬はやめとけ。
またその薬は継続的に飲むと
身体によくないとも。
一応、うちの六神丸は継続して
服用されても大丈夫です。
現実に私もここ10年程毎日服用していますし、
80年以上服用されている方もいらっしゃいます。
中国では、六神丸の原料、
ジャコウ・ゴオウ・ユウタンは
「不老長寿の薬」として中国3000年の歴史のなかで
使用されてきましたとそこははっきり説明しましたが、
やはりお医者さまのいうことには逆らえないので
今回は・・・ということでした。
抗鬱剤と六神丸、何が合わないか調べてみました。
抗うつ剤は毒に似たものですので、
六神丸の解毒作用によってすべて排出してしまうのです。
それは服用しないことと同じですので、
一緒に服用しない方がいいですよね。
また、抗うつ薬には、口が渇く、便秘・排尿障害、
眠気、胃腸障害、頭痛や不安・焦燥、
衝動性が高まることなど副作用があります。
飲まないに越したことはないような気がします。
六神丸には、神経を落ちつかせる効果もあります。
副作用のないですし、もし私が軽いうつと
診断されたら迷わず六神丸飲みます。
日頃から六神丸飲んでいますから、
うつになることはないでしょうが・・・

今発売されている「Hanako」19ページに、

六神丸の看板が出ています。

亀田薬舗の元本社をゲストハウスとして、

使っていただいています。
Hanako.jpg

「錺屋」さんといいます。

ぜひご覧ください。

不妊症にも六神丸!?!

先日、知り合いから、不妊症で悩んでおられた知人に
六神丸をすすめたら、赤ちゃんができたという
うれしい報告がありました。

その方の努力の賜物で
六神丸はたまたまかもしれませんが、
実際に六神丸は不妊の原因とされる
「冷え」と「瘀血」を改善します。

「冷え」は、人間の持っているあらゆる
機能を低下させます。
もともと下半身は冷えやすいため、
子宮・卵巣の機能が冷えると
さらに機能は低下していきます。
普段の食生活の乱れ、
冷たい物や生物(なまもの)、
余分な水分、冷たい水分を多くとるなど
このような人は胃腸を冷やし、
結局は自らの子宮・卵巣を冷やし、
ひいてはホルモンバランスを狂わすことになります。

もう一つの不妊の原因「瘀血」とは
鬱滞(うったい)している血液のことです。
瘀血が体内にたまると、
体のさまざまな機能に悪い影響を及ぼします。
特に女性の子宮・卵巣は
瘀血の影響を受けやすいところで
瘀血がたまることにより、
排卵障害や生理不順、および生理痛などを起こし、
不妊の大きな原因になります。

六神丸は血液の循環を改善する薬です。
血液の循環がよくなることによって
冷えも解消します。
実際にサンプルの六神丸を服用されてすぐ
お電話をいただいた方が
肩のあたりがあたたかくなってきたと
おっしゃっていました。
「不妊」にも六神丸ぜひお試しください。
男性にもおすすめです。

薬を出されないお医者さんは名医!

日曜朝のMBSラジオ1179
「のぶりんのあつあつふうふう」
の提供をさせていただいて5か月。

一昨日の放送で電話番号をお知らせしたところ
おかげさまで、今日までに
100件近くのお問い合わせをいただきました。
ありがとうございました。

お話を聞いて、ためになることばかり。

「なんとなくしんどい、だるいんだけど
病院で検査を受けてもどこも悪くない、
自律神経が原因といわれ、安定剤を処方される。」
って方、たくさんいらっしゃいました。

また、体によくないと感じられながら、
数種類の薬を服用されている方も多くおられました。

前にも書きましたが、
現代の人は薬の量、多すぎです。
薬を出されないお医者さんは名医だと思います。
薬を飲むことで安心するからと
患者の側から薬を要求することは
やめましょう。
ひとつの薬の副作用を抑えるために違う薬を出す。
ちょっと違うと思います。

六神丸ひとつで、胃腸にも効きますし、
動悸や息切れ、めまいにも効きます。
安定剤代わりに夜寝る前に服用されて、
よく眠れるという方も。
血流がよくなることで、
肩こりや頭痛に効いたという方もいらっしゃいます。
朝の服用でやる気が出て、
さあこれから仕事・勉強・家事に頑張れる
って人もいらっしゃいます。

いい薬ですよ。

六神丸だけで、医者には一切かからず
他の市販の薬は飲んだことないって方もおられるくらいです。
header_20130910144713ae3.jpg

高血圧の原因は「塩分の取り過ぎ」ではなく、食塩=ナトリウムの過剰摂取!!!

食塩=ナトリウの過剰摂取が
高血圧の原因だったのです。

マグネシウムやカルシウムが豊富に含まれている
自然塩には薬効があります。
漢方では塩っ辛い薬のことを“鹹(かん)”といい、
腎臓や膀胱、骨髄を守るとされています。
自然塩に含まれているミネラルや
カルシウムは骨を守る役割をし、
塩にある「ニガリ」は苦くて心臓の薬の
肩代わりもしていました。
ニガリのない塩、マグネシウムのない塩、
塩化ナトリウムだけの塩の過剰摂取が
高血圧の原因だったです。

塩分を控えることによって
逆に体の不調を訴える人が増えています。

塩をとらないと無気力になります。
塩をとらないと心も病みます。
骨がもろくなるのも塩不足が一因です。
塩が足りないと冷え症になります。
塩が足りないから朝が起きられません。
塩をとらないと免疫力が落ち、風邪をひきやすくなります。
塩が不足すると腸が不健康になります。
塩が不足すると元気なお年寄りになれません。

といって、過剰に塩分をとることも
気をつけなければなりません。
自然塩を下の中央部にひとつまみ
甘く感じたら、塩不足です。
辛く感じたら塩は足りています。

もうひとつ、食事の後に喉が乾いたら、
塩分のとり過ぎです。
塩分をひかえてください。

身体は正直です。
誰かの言葉に惑わされることなく、
自然にいきましょう。

心臓神経症にも六神丸、効きます。

何か、どこか不安で
胸が押さえつけられるような痛みを覚え、
動悸やめまいがしょっちゅう起こるという
女性の方から、六神丸の服用の仕方について
ご質問がありました。

お話を聞いてみると
胸の痛みが不安で、
毎日ほど病院に行き、
心電図をとり
医者に異常なしと診断され、
安心されるようです。
「心臓神経症」という病名です。
「心臓神経症」は「不安神経症」のひとつで、
胸痛や動悸、息切れ、呼吸困難、めまいなど、
心臓病によくみられる症状にもかかわらず、
心臓を検査しても何も異常が見つからないものです。
心臓病というよりはむしろ「こころの病気」でしょう。
神経質な人や、子どもから手が離れるなど
暇な時間ができたために自分の体の状態が
気になるようになった女性、
親しい人を心臓病で亡くして心臓病に対して
不安感を抱いている人などによくみられる病気です。
原因としては、ストレス、過労、
心臓病に対する極度の不安などが考えられます。
ストレス、過労、不安感などは
心臓の働きを活発にする交感神経を刺激します。
すると、心拍数が増え、動悸を強く感じたりします。
一度こうした症状を感じると、
「自分は心臓病ではないか?」という不安が生まれ、
その不安が徐々に大きくなるにつれて、
胸痛、呼吸困難、めまいなどの
より大きな症状を感じるようになってしまうのです。
対策としては、睡眠や休養をよくとって
心身を休めることが大事です。
気分転換や仕事以外の趣味をもつこともよいでしょう。
ご質問の答えとして
「心臓神経症には、六神丸よく効きます。
朝晩2粒ずつご服用ください。
テレビなどお笑い番組を見て
笑うことがいいと思います。
あまり気になさらないのが一番です。」
と回答しました。

しかし、昨日の夕方から30回以上の
お電話でこちらが神経衰弱になりそうです。
六神丸、4粒ほど飲んどきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。