スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある方に聞いたのですが、
スキージャンプ葛西紀明選手の
ソチオリンピックのために新調された
ヘルメットには、“朱雀”が描かれています。

朱雀は四神の南の象徴で、
鳳凰やフェニックスのことです。

弊社の入浴剤にも「朱雀ゆ」があります。
朱雀ゆは「夏の暑い季節にもシャワーでなく、入浴を」
ということで、クーラーで冷えた体を
あたためる夏用の入浴剤としてつくりました。
「す~っとするけど、体の芯はあったかい」
朱雀ゆで、夏の冷え性を葛西紀明
乗り越えてください。
スポンサーサイト

50年ずっと続けて服用しています。

50年ずっと続けて服用されているという
京都の90代の男性の方から
おはがきをいただきました。

「30代から心臓が悪く、
不整脈がよく出ていた。
伏見稲荷神社の出先の神のお告げで
亀田の六神丸を飲むように勧められ、
以来今日まで体の調子が悪いとき飲んでおり、
ここ10年程は毎日朝晩2~3粒服用している。」

長い間服用いただき、ありがとうございます。
お稲荷さんにも感謝です。
どうぞお元気で長生きしてください。

腹部の激痛に六神丸1粒で効く

広島県の80代の女性の方から
「昭和20年代ころ、慢性肝炎から、
腎炎・膀胱炎・貧血・肝硬変になり、
自然にまかせるしかないと診断され、
自然治癒力増強のため民間療法など
あらゆる治療を40年くらい行いました。
その後、吐血し、狭心症になり
14キロくらい急に痩せました。
いまでもときどき胃の上部あたりが
苦しくなり、たまに激痛が襲います。
そんなとき六神丸1粒ですぐに治まります。」

狭心症だと思います。
病院で定期的に診察されているとは思いますが、
精密検査を受けられた方がいいかと思います。

どうぞお大事になさってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。