スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六神丸の興奮作用

ちょっと時機を逸してしまいましたが・・・
ASKA容疑者が吸った「アンナカ」って?
「アンナカ」安息香酸ナトリウムカフェインの略で、
“強心剤/カフェイン系/中枢興奮・鎮痛剤”に分類され、
眠気をとったり、頭痛をやわらげるお薬です
脳の神経に興奮的に作用し、精神活動をよくします。
少量でしたら、副作用はほとんどありません。
多めに服用すると、手のふるえ、
動悸、頻脈などが出現します。

眠気をとるために使用していたと書かれていますが、
六神丸にもそういった「中枢興奮」作用があります。
同じ服用するなら、副作用のない「六神丸」を!!!
元気になります。
スポンサーサイト

もやもやした気分が六神丸ですっきり

今日もご愛用者の方からのお手紙をご紹介。

京都にお住いの80代女性の方。

「長期の海外旅行をきっかけに飲みはじめました。
登山やトレッキングが多かったので、
出発前に服用しました。
ハードなスケジュールにもかかわらず
体調を崩すことがなかったのは六神丸の
おかげだと感謝しております。
今でも一日中外出するときには念のため服用しています。」

気分がもやもやするとき服用されるという
大阪在住の70代の女性の方から

「母親にすすめられて20年位服用しております。
季節の変わり目によく飲みます。
飲むといつの間にかめまいが治っています。
副作用がなく、とても安心です。」

いつもありがとうございます。
どうぞお大事になさってください。

六神丸で体が軽くなったような

疲れたときに服用されるという
埼玉県の70代の女性の方からお手紙をいただきました。

「服用すると気持ちも手伝うのか
体が軽くなったような気がします。」

ありがとうございます。

もう一件、横浜在住の女性の方から
ご注文のお電話をいただきました。

「福島のお友だちにすすめられて先日買い求めました。
乳癌を患ってからずっと調子が悪く
なんとなく具合の悪い日が続いていたのですが、
六神丸は体に合うのか、気分良く過ごしております。
今回も送ってください。お願いします。」

ありがとうございます。
病後や術後に服用されている方、たくさんおられます。

どうぞお大事になさってください。

六神丸でおなかが動きだし、便秘が解消

畑をされているという、三重県のもうすぐ80歳の女性から
ご注文のお電話をいただきました。

「薬局ですすめられて買い求めましたが、
次から取り寄せになり
しかも48粒入りがないので直接電話しました。
送っていただけますか?」

ありがとうございます。
六神丸は強心薬です。
心臓を強くすることによって
血液の循環がよくなり
人によっては、肩こりに効いたとか
頭痛が治ったというような方もいらっしゃいます。

「便秘で困っていて、市販の便秘薬を服用しても
一向に効きませんでした。
ですが、六神丸を服用すると、おなかが動きだし
尾籠な話ですが、はたけでおならがよく出て
便秘が解消しました。」

解毒作用がありますので、
便秘にも効くと思います。
本日発送します。
どうぞお大事になさってください。

二日酔い防止に六神丸

お世話になった銀行の方に六神丸を差し上げました。
疲れたときやお酒の前にでも飲んでみてください と。

そのあとお会いしたとき

「六神丸、よく効きました。
お酒の前に服用したら、
なんぼお酒を飲んでも全く酔いませんでした。」

私も宴席の前には必ず服用しています。
まわりのひとにも飲んでいただいております。

「日本酒5勺しか飲めない人が5合飲める」
とある文献には書いてあります。

いくら事前に六神丸を飲んでも、度を過ぎたら一緒です。

お酒はほどほどに。

六神丸で1か月下がらなかった熱が下がった。

子供のときから30年以上服用され、
現在は咽喉がただれたときお飲みになるという
東京都にお住まいの30代の女性の方から
お便りをいただきました。

「叔母が子供のとき、発熱して
1か月くらい熱が下がらなくて困ったとき
薬局に相談して六神丸を服用したら
まもなく熱が下がった。
そんな話を聞いております。」

ありがとうございます。
もしかたら「小児六神丸」かもそれませんね。

「小児六神丸」に配合されている「犀角(サイカク)」は
昔から解熱剤として使用されている生薬です。
今現在はワシントン条約の関係で弊社を含め
日本国内で数社しか使用しておりません。

犀角は「はしか」の高熱によく効きます。

六神丸で疲れがとれます。

京都在住の60代女性の方からお手紙を頂戴しました。

「20年以上めまいのときや
疲れたときに4~5粒服用しています。
1回飲むだけで前の日の疲れが消えるので、助かっています。
めまいのときは1週間くらい続けて服用します。
続けて飲んでも副作用がないので安心して服用しております。」

ありがとうございます。
どうぞお大事になさってください。

はしかの高熱にはサイカク配合の小児六神丸を

はしか
今年に入って、はしか(麻疹)の患者が
例年以上に増加しているそうです。
全国の患者数4月中旬時点で、
すでに昨年1年間の患者数を上回り、
昨年同期と比べて3倍以上とのことです。

はしかは強い感染力をもち、重い合併症を引きおこします。
ワクチンの接種が唯一の予防策といわれています。

ワクチンのなかった時代は“命定め”と言われ、恐れられていました。
子どもの成長を祝う「七五三」は、徳川綱吉の長男・徳松の健康を
祈ってはじまったとされ、3歳、5歳、7歳まで
生きながらえたことをお祝いする行事だったようです。

漢方では、はしかの高熱にはサイの角である「犀角(サイカク)」が
古来より特効薬とされます。
お子さんのはしかで「犀角」を服用された方からの話では、
ほとんど発熱しないのを医師が不思議がり、
しきりと首をひねっていたという話もあります。

絵は「麻疹退治」
芳藤画  文久2年(1862) 年制作。
被害にあった職業を表わす風呂屋、桶屋などが、
麻疹の神をこらしめている。(内藤記念くすり博物館蔵)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。