スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂陳ゆ(こうちん)6月発売!!!

お待たせいたしました!
6月16日に弊社より、高級香木を配合した浴用剤が新登場!
玄武ゆ、朱雀ゆ、青龍ゆ、...
白虎ゆに続く第5弾を発売いたします。

匂陳ゆ(こうちん)

匂陳ゆは、心を鎮める効果の高い香木のひとつ、沈香(ジンコウ)をはじめ、
体をあたためて、巡りを良くする厚朴(コウボク)、
美肌を叶える川芎(センキュウ)や甘草(カンゾウ)を配合しています。
日々、何かとお忙しく、ストレスを抱える頑張っている方のために。
思わず深呼吸したくなる香り高いお湯につつまれ、
リラックスとリフレッシュを同時に堪能できる
欲張りな養生入浴をお楽しみいただけます。
10646905_597934126976480_62898105166720894_n.jpg

本日5月18日付の日経MJにもご掲載いただきました。
スポンサーサイト

土用は季節の変わり目、体調にご注意を。

台風一過、日本列島暑い日になりそうです。
真夏日のところもあるようです。
熱中症にはくれぐれもご注意ください。
ところで、暑くなると食べたくなるのが「鰻」。
(個人的には、暑くならなくても食べたいと思います。)
ちょっと気が早いですが、土用の丑の日も近づいてきました。
今年は7月24日と8月5日。
『土用』とは、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の
直前、約18日間を指します。
ですから、夏に限らず各季節に土用の丑の日があります。
ちなみに今年ですと
冬は1月13日と1月25日、春は4月19日、秋は10月28日です。
「丑の日に因んで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」
ということから、鰻を食べるようになったようです。
漢方的に考えますと、五行の木・火・土・金・水は
それぞれ季節に当てはめると春・夏・土用・秋・冬となり、
土用は季節の変わり目にあたります。
季節の変わり目は体調を崩しやすく、
「必ず風邪をひく」という方も
おられるのではないでしょうか。
特に夏の土用の丑の日は夏から秋へ、
陽から陰へ大きく移り変わる時期で、
体調も大きく変化します。
漢方の考え方として
「春には肝を守る養生をし、
夏には心を守る養生をし、
長夏(梅雨)には脾の変化に応じ、
秋は肺を守る養生をし、
冬には腎を守る養生をすべきである」
というものがあります。
これからの季節は湿度と気温が高く、
特に心と胃腸に注意が必要です。
暑いからと冷たい飲み物やスタミナ料理ばかりでは
心と胃腸に負担をかけ過ぎてしまうので、
注意してください。
とにかく、土用の期間は季節の変わり目、
mamusi.jpg
体調管理には気をつけてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。