FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六神丸という薬名については、二つの説がある。

六神丸の歴史 ひとつは、中国で古くから信じられてきた四方の守護神、青龍(東)、白虎(西)、朱雀(南)、玄武(北)を四神といい、それに勾陳、騰蛇を加えて六神といったことからこれら神々の名をとって六神丸の名が出来たという説。

もうひとつは、五臓六腑という言葉があり、漢方では、その臓(肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓)に心包(絡)を合わせて六臓と呼ぶ。六臓すべてにその機能を司どる神というものがあり、その六臓の神に効果があるという考え方から、六神丸という名前が生まれたという説である。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。