FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え性

昨日テレビで「冷え性」についてやっていた。

「ためしてガッテン」がいうには
体の大事な部分の温度を保つために
まず、手足などから体温が下がっていくという。

手足が冷えるのは心臓など中心の温度を保つため・・・

なるほど。

血管の収縮で体温を調整することも言っていた。

年をとると血管が硬くなり、収縮しなくなって
体温のコントロールができなくなるらしい。

室温10度で上半身裸のお年寄りと若者の男性。

しばらくすると若者が寒いと言い出すのに対して
お年寄りは大丈夫という。

つまり普通は室温が下がると体温も下がり
体内の中心部の温度を下げないようにするため手足が冷える。

老人は血管が硬くなっているから、体全体の体温が下がるので、
心臓に負担がかかる、ということ。

また、血管の収縮には自律神経がかかわっている。

自律神経が乱れると血管の収縮がうまくできず
「冷え性」の原因になる・・・ということ。

なんやすべて「六神丸」が効くやん。

ここから「すこやか君」登場。

六神丸は自律神経によく効きます。

また、心臓の働きをよくし、血液の循環を改善します。

血液の循環がよくなると「冷え性」も改善します。

自律神経失調症にならないようにするには・・・

規則正しい生活、睡眠、運動を心がけ、ストレスを貯めないこと。

ビタミンE(ナッツ類やイワシ、カボチャ、ホウレンソウ、タラコ、キウイフルーツなど)

ビタミンB(豚肉やレバー、イワシ、マグロ、卵、ゴマ、ホウレンソウ、焼きのりなど)

鉄(レバー、イワシ、カキ、ホウレンソウ、豆腐、のりなど)

などを食べましょう。

それでも駄目なら、六神丸をどうぞ。

漢方薬は体質改善だから、即効性ではなくじわじわ効いていくと書いてあったが、
六神丸は動物性生薬だから、割と早く効きますよ。

ぜひお試しください。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。