FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自律神経の乱れに「六神丸」よく効きます。

どこが悪いというわけではないが
体がだるい、食欲がない、虚弱体質、病み上がりで体力が回復しない、
夏バテで元気が出ない、というような「体のだるさ」
それは漢方でいう「気虚」かもしれません。
お医者さんはたぶん「自律神経の乱れですね。」とおっしゃいます。
「自律神経の乱れ」で正解です。
ですが、西洋医学では「精神安定剤」しか、お薬はありません。
漢方には「気(き)」という概念があります。
「元気」の「気」です。
気とは、体を動かしているエネルギーのようなもので、
体の中をくまなく循環しています。
健康な体では、気が滞りなく全身を巡っていますが、
体力が低下したりストレスがかかったりすると、
気の巡りに悪影響を及ぼし、気の流れが滞ったり、
循環する気が足りなくなったりしてきます。
この気が足りない状態を漢方では「気虚(ききょ)」と言います。
気虚の状態では、体が正常な機能を維持することが困難となり、
胃腸機能が低下して食欲不振になったり、
疲れやすい、だるいというような症状も現れてきます。
六神丸はストレスなどで乱れた「気の巡り」を
正常な状態に戻す「気つけ」作用があります。
「気虚」には六神丸、よく効きます。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。